🐜

ヘッダー追加する vim plugin (denops.vim で!)

5 min read

denops.vim とは

Alisue さんが作成している、 Deno を使って Vim / Neovim のプラグインが書けるフレームワークです。

Deno を使って Vim/Neovim のプラグインを書く by denops.vim

せっかくなので、これを使って plugin 作ってみました。

yukimemi/dps-ahdr

作った plugin は、 現在のバッファにヘッダーを追加するようなやつです。

Denops Add Header -> dps-ahdr

インストールは dein.vim だとこんな感じ。

  • dein.toml
[[plugins]]
repo = 'vim-denops/denops.vim'

[[plugins]]
repo = 'yukimemi/dps-ahdr'
hook_add = '''
" let g:ahdr_debug = v:true
" let g:ahdr_cfg_path = "~/.ahdr_my_settings.toml"
'''

依存として、 denops.vim が必要。(もちろん Deno も。)

どんなときに使うかというと、例えば、 PowerShell を書いていて、このスクリプトすぐ実行できる実行形式にしたい!ってときに使えます。

PowerShell をダブルクリックで実行可能に (Set-ExecutionPolicy 不要)

  • hello.ps1
Write-Host "Hello world !"

こんな hello.ps1 ファイルを作成しても、なぜか ps1 ファイルはダブルクリックしてもメモ帳が開くだけ・・・。

そこで、 vim / neovim でこの hello.ps1 を開いているときに以下コマンドを実行すると・・・。

:DenopsAhdr default

こんなファイルが出来上がり、ダブルクリックで実行できるようになります。

  • hello.cmd
@set __SCRIPTPATH=%~f0&@powershell -NoProfile -ExecutionPolicy ByPass -InputFormat None "$s=[scriptblock]::create((gc -enc utf8 -li \"%~f0\"|?{$_.readcount -gt 2})-join\"`n\");&$s" %*
@exit /b %errorlevel%
Write-Host "Hello world !"

他にも・・・。

バッチファイルをダブルクリックで管理者権限で実行可能に

  • regadd.bat
reg add HKLM\Environment /v myvar /t reg_sz /d "Hello!"

というバッチ実行したくても、そのままじゃ管理者権限なく実行できない!!

そこで・・・

:DenopsAhdr admin

とすると、こんなファイルができあがり、ダブルクリックで UAC 昇格実行できる。

  • regadd_a.bat
@openfiles > nul 2>&1
@if %errorlevel% equ 0 goto :ALREADY_ADMIN_PRIVILEGE
@powershell.exe -Command Start-Process '%~f0' %* -verb runas
@exit /b %errorlevel%
:ALREADY_ADMIN_PRIVILEGE
reg add HKLM\Environment /v myvar /t reg_sz /d "Hello!"

これらのヘッダー追加定義は toml で設定してあり、デフォルトの定義は現状以下の設定になっています。

[[ps1]]
name = "default"
prefix = ""
suffix = ""
ext = ".cmd"
header = '''
@set __SCRIPTPATH=%~f0&@powershell -NoProfile -ExecutionPolicy ByPass -InputFormat None "$s=[scriptblock]::create((gc -enc utf8 -li \\"%~f0\\"|?{$_.readcount -gt 2})-join\\"`n\\");&$s" %*
@exit /b %errorlevel%
'''

[[ps1]]
name = "pause"
prefix = ""
suffix = "_p"
ext = ".cmd"
header = '''
@set __SCRIPTPATH=%~f0&@powershell -NoProfile -ExecutionPolicy ByPass -InputFormat None "$s=[scriptblock]::create((gc -enc utf8 -li \\"%~f0\\"|?{$_.readcount -gt 2})-join\\"`n\\");&$s" %*&@pause
@exit /b %errorlevel%
'''

[[ps1]]
name = "wait"
prefix = ""
suffix = "_w"
ext = ".cmd"
header = '''
@set __SCRIPTPATH=%~f0&@powershell -NoProfile -ExecutionPolicy ByPass -InputFormat None "$s=[scriptblock]::create((gc -enc utf8 -li \\"%~f0\\"|?{$_.readcount -gt 2})-join\\"`n\\");&$s" %*&@ping -n 30 localhost > nul
@exit /b %errorlevel%
'''

[[javascript]]
name = "default"
prefix = ""
suffix = ""
ext = ".cmd"
header = '''
@set @junk=1 /*
@cscript //nologo //e:jscript "%~f0" %*
@exit /b %errorlevel%
*/
'''

[[javascript]]
name = "pause"
prefix = ""
suffix = "_p"
ext = ".cmd"
header = '''
@set @junk=1 /*
@cscript //nologo //e:jscript "%~f0" %*
@pause
@exit /b %errorlevel%
*/
'''

[[javascript]]
name = "wait"
prefix = ""
suffix = "_w"
ext = ".cmd"
header = '''
@set @junk=1 /*
@cscript //nologo //e:jscript "%~f0" %*
@ping -n 30 localhost > nul
@exit /b %errorlevel%
*/
'''

[[dosbatch]]
name = "admin"
prefix = ""
suffix = "_a"
ext = ".bat"
header = '''
@openfiles > nul 2>&1
@if %errorlevel% equ 0 goto :ALREADY_ADMIN_PRIVILEGE
@powershell.exe -Command Start-Process \'%~f0\' %* -verb runas
@exit /b %errorlevel%
:ALREADY_ADMIN_PRIVILEGE
'''
  • [[filetype]]: vim の filetype
  • name: DenopsAhdr コマンドの引数に指定する名前。この名前かつ、 filetype で合致した設定を使う。
  • prefix: 保存するファイル名の頭につける文字。
  • suffix: 保存するファイル名のお尻につける文字。
  • ext: 保存するファイルの拡張子。
  • header: 追加するヘッダー。

上記の toml はデフォルト設定なので変更はできない。
追加したい場合はデフォルトだと、 ~/.ahdr.toml に自分の好きな設定を記載すれば追加で読み込まれる。
もしくは別の場所にしたい場合は、 g:ahdr_cfg_path で指定する。

今開いているバッファの fencff を保持したかったから、 Deno で書いてるのに、結局 vim の関数でほとんど実施している・・・。あんまり Deno で書く意味はなかった・・・? (・_・;) でも、 toml で書いた設定を簡単に読み込めたりするのは Deno の利点じゃないかな!!
うまいこと fencffDeno 使いながら保持できるんやろうか・・・。うまい書き方が全然わかっていない・・・。


参考

Discussion

ログインするとコメントできます