Vim プラグインマネージャー plugpac.vim (minpac ラッパー)

公開:2020/09/26
更新:2020/09/26
9 min読了の目安(約5800字TECH技術記事

Vim (Neovim) プラグインマネージャー plugpac.vim の紹介

k-takata/minpac のラッパーとして、bennyyip/plugpac.vim ってのがあります。

k-takata/minpac を使用するのですが、あるコマンドが実行されたとき、特定の filetype のとき、等で読み込み (packadd) ができるようになるラッパープラグインで、 junegunn/vim-plug に似た感じで利用できるようになります。

vim-plug を利用している人にとってはめちゃくちゃ乗り換えやすいと思います。
かつ、 minpac は vim 標準の package 機能を使っているのでよりシンプルに動作する・・・と思います。

使い方は簡単で、 plugpac.vim にある README の通りに実施するだけです。
vim-plug に似た感じで minpac を使用できるはずです!

ただ、 Shougo/dein.vim にあるような、 if だったり、 on_event だったりも使用したい・・・!
ということで、追加してみました。

yukimemi/plugpac.vim

(プルリク送ってますが、取り込まれてません・・・)

.vimrcinit.vim の設定はこんな感じに書けばいけるはず。

set encoding=utf-8
scriptencoding utf-8

" Set path.
let $CACHE = expand('~/.cache')
if has('nvim')
  let $VIM_PATH = expand('~/.config/nvim')
  let $CACHE_HOME = expand('$CACHE/nvim')
else
  let $VIM_PATH = expand('~/.vim')
  let $CACHE_HOME = expand('$CACHE/vim')
endif

" Use plugpac (minpac).
set packpath^=$CACHE_HOME
let s:package_home = $CACHE_HOME . '/pack/minpac'
let s:minpac_dir = s:package_home . '/opt/minpac'
let s:plugpac_dir = $CACHE_HOME . '/plugpac'
let s:minpac_download = 0
if has('vim_starting')
  if !isdirectory(expand(s:minpac_dir))
    echo "Install minpac ..."
    execute 'silent! !git clone -b devel --depth 1 https://github.com/k-takata/minpac ' . s:minpac_dir
    let s:minpac_download = 1
  endif
  if !filereadable(expand(s:plugpac_dir . '/autoload/plugpac.vim'))
    echo "Install plugpac ..."
    execute 'silent! !git clone --depth 1 https://github.com/yukimemi/plugpac.vim ' . s:plugpac_dir . '/autoload'
  endif
  execute 'set runtimepath^=' . fnamemodify(s:plugpac_dir, ':p')
  let g:plugpac_cfg_path = $VIM_PATH . '/rc'
endif

" Plugin list.
call plugpac#begin()

" 明示的な opt 指定
" 何も指定しない場合は start になる。
" 遅延オプション `on`, `event` など指定時は自動的に `opt` になる。
Pack 'k-takata/minpac', {'type': 'opt'}
Pack 'NLKNguyen/papercolor-theme', {'type': 'opt'}

" `if` オプション
Pack 'LumaKernel/nvim-visual-eof.lua', {'type': 'lazyall', 'if': has('nvim')}
Pack 'lambdalisue/seethrough.vim', {'if': !has('gui')}
" `event` オプション
Pack 'andymass/vim-matchup', {'event': 'CursorHold'}
Pack 'itchyny/vim-cursorword', {'event': ['CursorHold', 'CursorMoved']}
" timer_start による遅延ロード
Pack 'thinca/vim-submode', {'type': 'lazy'}
" `lazyall` の場合は後述する設定ファイルの source も遅延実施
Pack 'jeffkreeftmeijer/vim-numbertoggle', {'type': 'lazyall'}
Pack 'LeafCage/yankround.vim', {'type': 'lazyall'}

Pack 'machakann/vim-highlightedyank', {'type': 'lazyall', 'if': !has('nvim')}
Pack 'ntpeters/vim-better-whitespace', {'event': 'CursorHold'}

" mapping や filetype, command によるロード
Pack 'haya14busa/vim-edgemotion', {'on': ['<Plug>(edgemotion-j)', '<Plug>(edgemotion-k)']}
Pack 'lambdalisue/vim-findent', {'on': 'Findent'}
Pack 'glidenote/memolist.vim', {'on': ['MemoNew', 'MemoList', 'MemoGrep']}
Pack 'dhruvasagar/vim-table-mode', {'for': 'markdown'}

" インストール後のコマンド実行
Pack 'iamcco/markdown-preview.nvim', {'on': 'MarkdownPreview', 'do': '!cd app & yarn install'}

call plugpac#end()

if s:minpac_download
  PackInstall
endif

filetype plugin indent on

通常の vim のパッケージ機能では、 type に指定できるのは startopt だけなのですが、設定としては lazylazyall というのを設けています。
どちらも内部的には opt として扱われて、 timer_start によりバックグラウンドで packadd されます。

timer_start による遅延ロードでは全部のプラグインが packadd されたら lazy load done ! と表示されるようになってます。
後から読み込んでも問題ないプラグインはじゃんじゃん typelazylazyall に指定することで、 vim の起動自体はかなり早くすることができるはず!です。

各プラグインの設定ファイルは、 g:plugpac_cfg_path でディレクトリを指定していれば配下にあるプラグイン名のファイルを自動的に読み込むようになっています。
(ファイル名はリポジトリ URL の最後の部分、もしくは URL の最後の部分 + .vim)

Pack コマンドで指定したものだけが読み込まれるため、不要な設定ファイルが存在していても問題はありません。
一時的に無効化したかったら、 Pack コマンドの行だけコメントアウトすれば対象の設定ファイルも読み込まれなくなります。

let g:plugpac_cfg_path = '~/.vim/rc'

のような設定をした場合は、下記のようにプラグイン名でファイルを作成しておけば Pack コマンドで指定したプラグイン名の設定ファイルが自動的に source されます。
この source されるタイミングが、 lazy の場合は即時 ( Pack コマンド実行時)、 lazyall の場合は timer_start により遅延で実施されます。

~/.vim/rc
├── autodate.vim
├── coc.nvim
├── csv.vim
├── gina.vim
├── gruvbox.vim
├── indentLine.vim
├── sonictemplate-vim.vim
├── tagbar.vim
├── textobj-lastpaste.vim
├── undotree.vim
├── vim-airline.vim
├── vim-clap.vim
├── vim-cursorword.vim
├── vim-devicons.vim
├── vim-dirvish.vim
├── vim-easy-align.vim
├── vim-textobj-indent.vim
└── yankround.vim

僕が実際にしている設定は以下にあります。

・・・とここまで紹介してますが、今はまた dein を使っています・・・・。
ちょこちょこ切り替えて使っているので、また plugpac.vim 使うかも・・・。

参考