📑

Darkblockを使って、所有者だけが閲覧できるコンテンツをArweaveに保存してみよう!(thirdwebのブログから)

2022/12/07に公開約2,100字

こんにちは、CryptoGamesのユウキです。

本日は、「Darkblock」というサービスを使って、NFTの所有者だけが閲覧できるコンテンツを作ってみましょう。

今回は、こちらの記事を参考にしました。
https://blog.thirdweb.com/guides/deploy-nft-drop-with-unlockable-content/

また、本日は、前提となるNFTの発行方法は省略いたします。
こちらの動画でハンズオンでできますので、ご不明な方はご参照ください。
https://www.youtube.com/watch?v=951rbH51kLM

なお、テストネットで使用ができなそうでしたので、今回はPolygonで作成したNFTを使用しています。

では、見ていきましょう。

1. Darkblockにコンテンツを設定する

まずは、こちらのページに行きます。
https://app.darkblock.io/

「Connect Wallet」でウォレット接続を行います。

なお、下のように、「今は」無料と書かれています。

チェーンを選択して(今回はPolygonを選択しました。)

「My NFTs」で自分の所有しているNFTから、コンテンツを設定したいNFTを選択します。

「+ Add Content」を選択し、

設定が完了したら、「Create」

署名を行って、少し待つと、

このように、作成ができましたので、「I'm Done」

これで完了です。

2. コンテンツを見てみる

では、コンテンツを見てみましょう。

「Authenticate Ownership」を選択

コンテンツを選択すると、

このように、設定したコンテンツが表示されました。

なお、こちらから「Arweave」を選択すると、

Transactionも見ることができます。

本日は以上です。

最後までありがとうございました。

Discussion

ログインするとコメントできます