🤖

thirdwebで、宝箱を開けるとFT, NFTを取得できるPackコントラクトを作ってみよう。

2022/12/09に公開約5,500字

こんにちは、CryptoGamesのユウキです。

本日は、こちらの記事をもとに、Packコントラクトを作ってみたいと思います。
https://blog.thirdweb.com/guides/create-an-nft-lootbox/

宝箱を開けると、ランダムでERC20やERC1155を取得することができます。
なお、ERC721で行うことも可能です。

では、やっていきましょう。

1 ERC20を作成する

では、まずthirdwebを使って、ERC20を作りましょう。

まずは、thirdwebのExplorerのページに行きます。
https://thirdweb.com/explore

「Token」を選択します。

「Deploy Now」を選択

名前などのメタデータを設定して、「Deploy Now」

では、トークンをミントしていきましょう。「Mint」を選択

今回は「100」で設定し、「Mint Tokens」

このように、ミントされました。

2 ERC1155を作成する

では、宝箱を開けた時に出てくる、ERC1155も作っていきましょう。

「Edition」を選択

「Deploy Now」を選択

メタデータを設定して、「Deploy Now」

「Mint」を選択

こちらのアイテムと数量をそれぞれ設定していきます。


https://blog.thirdweb.com/guides/create-an-nft-lootbox/

なお、個数などは違う値でも大丈夫ですが、その場合、コードも修正が必要なので、最初はこの数字のままやるのが簡単だと思います。

下のようにして、8つのアイテムをミントしていきます。

なお、私の場合は何度かエラーが発生しました。
相関関係はわかりませんが、Nameに空白を入れないで実行したところ、うまくいきました。

このようにして、ミントができていきます。

3 コードを準備する

では、ERC20とERC1155の準備ができたので、コードを作成していきましょう。

こちらをGit cloneします。

https://github.com/thirdweb-example/packs

下のようになりました。

続いて、yarn installを行います。

次に、「.env」に秘密鍵を設定します。

必ず「.gitignore」にも忘れずに、「.env」を設定します。

4 Packコントラクトをデプロイする

では、Packコントラクトをデプロイします。

「primary_sale_recipient」を自分のウォレットアドレスに変えた上で、次のコマンドで実施します。

node ./scripts/deployPack.mjs

これにより、表示されているのが、Packコントラクトのコントラクトアドレスです。

5 Packコントラクト使い方を見てみる

ではどのように使われているか見てみましょう。

その前に、下のようなパースエラーが出ているかもしれません。

その場合は、下のようにして修正ができると思います。

{
  "extends": ["next", "next/core-web-vitals", "prettier", "next/babel"]
}

では、コードを見てみましょう。

まずは8~10行目を先ほど作ったコントラクトアドレスに変更します。

そして、16行目あたりから、ERC20,ERC1155がPackコントラクトのアドレスに対して、承認(setApprovalForAll)を行っています。

これにより、Packコントラクトがトランスファーができるようになっています。

また、Packを作成する際に、このように、ERC20,ERC1155を設定しています。

数量を変えた場合はこの辺りも変えていきます。

なお、create関数は公式で、次のように確認することができます。

https://portal.thirdweb.com/typescript/sdk.pack.create

下のように、ERC721も扱えそうですね。

https://portal.thirdweb.com/typescript/sdk.pack.create

では、中の確認ができたので、次のようにして、パックを作っていきます。

node ./scripts/bundleTokens.mjs

下のように、できたようです。

6 ページの表示を確認する

では、うまく実行されるか見ていきたいと思います。

「useContract」をPackコントラクトのアドレスに変更します。

そして、useOwnedNFTsでNFTを取得しています。

なお、実際の使い方はこのように公式からも確認できます。

まだ、ベータ版のようですね。

https://portal.thirdweb.com/react/react.useownednfts#useownednfts-function

下の箇所のコントラクトアドレスもPackコントラクトのアドレスに変更します。

また、Packを開けるためにopen関数が使われています。

このように使われています。

https://portal.thirdweb.com/typescript/sdk.pack.open

7 実際の動きを確認する

では、yarn devをして、実際に動かしてみましょう。

このように、表示されていました。

なお、実施前にメタマスクのパスワードを入力し、ロックを解除している状態にしておく必要があります。

では、宝箱を開けるために、「Open」を押します。

反映されないときは、下のように、処理が失敗していないかも確認してみてください。

うまくいけば、このように中身が出てきます。

なお、これにより、開けたPackはバーンされます。

今回は以上です。

ぜひやってみてください。

Discussion

ログインするとコメントできます