📘

データベースってなんだろう

2022/10/19に公開約700字

データベースの基本機能

データの検索・更新

データベースの用途として最も重要な機能は「検索」です。つまり「欲しいと思ったデータを見つける」こと(「抽出」「参照」とも言う)
また「登録」「修正」「削除」の3つの機能をひとまとめに「更新」と呼びます

同時実行制御 排他制御

複数ユーザー間の更新をうまく整合させるための機能を「同時実行制御」や「排他制御」と呼びます。

耐障害性

データベースは「障害に強いこと」が求められます。
データ消失への対策
・データの冗長化(予防策)
・バックアップ(事後策)

セキュリティ

データベースは機密性が非常に高く「データベースに求められるセキュリティは厳しい」

データベースの種類

階層型データベース

データをヒエラルキー構造で管理するデータベース。組織図や樹形図をイメージするとわかりやすい

リレーショナルデータベース

二次元表の形式でデータを管理するデータベース。現在最も主流。「関係型データベース」とも呼ばれる。

オブジェクト指向データベースとXMLデータベース

それぞれ「オブジェクト」および「XML」という形式でデータを管理するデータベースです。

NoSQLデータベース

リレーショナルデータベース以外のデータベース。「NoSQL」というのは「SQL」を使わないという意味ですが、「SQL」というのはリレーショナルデータベースを操作するための言語のことです。
このタイプのデータベースは、リレーショナルデータベースにある一部の昨日を捨てることでパフォーマンス(処理速度の速さ)を追求しています。大量のデータを高速に処理する必要のあるwebサービスと相性がよく近年よく利用されます。

Discussion

ログインするとコメントできます