😎

リレーショナルデータベースとSQL

2022/10/19に公開約1,100字

リレーショナルデータベースとは何か?

リレーショナルとは

リレーショナルデータベース(Relational Database)略してRDBとも表記されるが「リレーショナル」とはどういう意味なのか?
「Relational」は、英語の「relation(関係)」から派生した単語です。
実際リレーショナルデータベースは「関係データベース」や「関係型データベース」と呼ばれることもあります。
ここで言われる「リレーション(関係)」という言葉は、数学で二次元表を表す時に使われる言葉です。
「データを二次元表を使って管理するデータベース」と言うのがリレーショナルデータベースのコンセプトです。
例)ExcelやGoogleスプレットシートなど

リレーショナルデータベースの利点

レーショナルデータベースの第1の利点は人間にとって自然で直感的に理解しやすい形式でデータを管理することを可能にした点です。
そしてデータの操作においてプログラミング言語を使わなくてもデータを操作できるようにしたことです。それを可能にしたのがリレーショナルデータベースのもつSQLという言語です。

リレーションデータベースの基本構造

・複数の表が入っており、個々の表を「テーブル(table)」という。
・個々のテーブルには名前がついており、その名前を「テーブル名」という。
・テーブルは「列(column)」と「行(row)」で構成される。
・1つの行が1件のデータに対応し、列はそのデータの要素に対応する。
※列のことを「カラム」や「フィールド」と呼ぶこともある。

SQLの基礎知識

SQLとは何か

SQL(Structured Query Language)とはリレーショナルデータベースがデータ操作のために備えている言語です。
リレーショナルデータベースにはデータベース管理システム(DBMS:Database Management System)と呼ばれる様々なソフトウェア製品がありますがその全てで共通のSQLを使うことが可能です。
SQLは様々な特徴がありますがとてもシンプルな英語の文に非常に似ています。

例えば「住所が東京都の人の名前を調べる」とういう操作をSQLで行なってみると以下のようになります。

SELECT name
  FROM アドレス帳
  WHERE 住所LIKE'%東京都%'; 

SELECTは「選択する」、FROMは「〜から」、LIKEは「〜のような」という意味の英単語です(2つの%は「部分一致検索」を行うためのキーワードです)。

Discussion

ログインするとコメントできます