🤖

JavaScript入門〜JavaScriptの基本文法〜

2022/05/18に公開約1,500字

JavaScriptの基本

JavaScriptの基本文法

何かを実行させたいときは「○○は△△を××しなさい」や「○○は××しなさい」と命令する。

「○○」にあたる部分を**オブジェクト**
「△△」にあたる部分を**メソッド**
「××」にあたる部分を**パラメータ** 
といいます。

consoul.log('おうむ返し')

これを日本語に置き換えて考えてみると
consoulは 'おうむ返し'を logしなさいと考えられます。

コンソールを表示

JavaScriptからテキストなどをアウトプットできる場所の1つに「コンソール」があります。
コンソールはJavaScriptのプログラムがうまく動いているか確認するための道具です。

開発ツール(デベロッパーツール)を開く

最近の主要なブラウザには「開発ツール」と呼ばれるwebサイト制作に便利な道具が用意されていて、その中にコンソールが含まれています。

Choromeの開発ツールを開く

[Google Choromeの設定]をクリックするとメニューが表示されるので、[その他のツール]→[デベロッパーツール]をクリックすると開発ツールが開きます。続いて開発ツールの[Console]を選択しましょう。

JavaScriptはどこに書く?<script>タグとJavaScriptの記載場所

JavaScriptの記載方法は主に2通りあります。

HTMLにJavaScriptを直接記載する

書きたいhtmlファイルを開き直接htmlファイルに記載していきます。
今回は例としてindex.htmlというファイルに記載します。

index.html
<body>
....省略
</footer>
	<script>
		'use strict';
		consol.log('よく柿食う客だ')</script>	
</body>	

編集が終わったらindex.htmlをブラウザで開き、コンソールを表示します。
コンソールには「よく柿食う客だ」と表示されます。

JavaScriptファイルを読み込む

JavaScriptプログラムを専用ファイルに書き、それをHTMLファイルに読み込ませましょう。
今回はindex.htmlにscrpt.jsを読み込ませるようにしてみます。

index.html
<body>
....省略
</footer>
<script src="script.js"></script>
	<script>
		'use strict';
		consol.log('よく柿食う客だ')</script>	
</body>	

次にindex.htmlと同じ場所に「script.js」というファイルを作成しましょう。

script.js
'use strict'

// 外部JavaScriptファイル
/*
外部JavaScriptファイルは読み込まれたらすぐに実行されます
*/
consol.log('隣の客は')

編集が終わったらindex.htmlをブラウザで開き、コンソールを表示します。
コンソールには「隣の客はよく柿食う客だ」と表示されます。

Discussion

ログインするとコメントできます