🗂

NFTとは?

2022/05/31に公開約1,200字

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token(ノン-ファンジャブル トークン)」の略で、日本語で「非代替性トークン」という意味。

ちなみにNFTと共によく耳にする「仮想通貨」は代替性トークン(FT)と呼ばれています。

非代替性とは?

非代替性は、言い換えると「替えが効かない、唯一無二の」という意味。
逆に代替性は、「替えが効く」ということです。

例:非代替性があるもの

・ピカソの描いた「原画」
・サイン入りユニフォーム
・世界に数枚しかないトレーディングカード

例:代替性があるもの

・お金
・市販薬
・フリー素材のイラスト
・電子上の画像

つまり、NFTは「替えが効かない」トークンということになりますね。では「トークン」とはなんでしょうか??

トークンとは?

トークンは、ブロックチェーン技術を使用して発行した「暗号資産」の総称のこと。

ブロックチェーン

ブロックチェーン技術は簡単にいうと、データの改ざんや不正利用が非常に困難で「安全にデータを記録できる技術」のこと。取引情報がブロックとして記録され、チェーンのように繋がっていくからブロックチェーンと呼ばれている。

この2点をまとめると、NFTとは、
「替えが効かない唯一無二であること」を「ブロックチェーン技術を利用して証明」する技術ということになります。

NFTが”今”注目される理由/できることは?

NFTのメリットと特徴は大きく分けて4つ!

1.代替え不可能で唯一性がある

NFTは代替が完全に不可能です。こうした独自性を持つことから、NFTは特にデジタルアートなどの分野で活用され始めました。

2.誰でも作品を作成・発表できる

NFTは誰にでも作成・発表できるという部分に特徴があります。NFTはブロックチェーンを作った技術なので、プログラミング技術が無いと作成できないと思いがち。

しかし、実際にやってみると、意外に容易に作ることが可能らしい?!
デジタルデータをアップロードするだけで、複雑な知識は必要とせずに作品をNFT化できるようです。

そのため、だれでも自分の作品を唯一無二のNFTとして、マーケットで出品することができるのです。

3.色々な設定をプログラム可能

NTFは様々な条件をプログラムすることが可能です。NFTはイーサリアムなどのブロックチェーンをベースに作られるので、スマートコントラクトを利用できるからです。

スマートコントラクトとは、人間が介入せずに、自動的に契約できる機能のことです。

4.破損や紛失するリスクがない

NFTの特徴として、オンライン上に存在しているデータであるため、破損や紛失のリスクがないということも挙られる。

実際にアート作品を所有する場合、物理的に破損してしまう、窃盗に遭って紛失してしまうというリスクもありえる。

Discussion

ログインするとコメントできます