🗺️

GeoTiffファイルの地図投影法を別なものへ変換する

1 min read

必要とするツール

GDAL(https://gdal.org/)一択です。

手順

  1. gdalsrsinfoユーティリティを用いて、入手した画像に投影法情報が含まれているかを調べます
  2. gdalwarpユーティリティを用いて、変換を行います

手順の詳細

1. gdalsrsinfoユーティリティを用いて、入手した画像に投影法情報が含まれているかを調べます

gdalsrsinfo FILEPATH

表示例

PROJ.4 :

OGC WKT2:2018 :
ENGCRS["Geocoding information not available Projection Name = User_Defined_Lambert_Azimuthal_Equal_Area Units = meters GeoTIFF Units = meters",
    EDATUM[""],
    CS[Cartesian,2],
        AXIS["(E)",east,
            ORDER[1],
            LENGTHUNIT["metre",1,
                ID["EPSG",9001]]],
        AXIS["(N)",north,
            ORDER[2],
            LENGTHUNIT["metre",1,
                ID["EPSG",9001]]]]

2. gdalwarpユーティリティを用いて、変換を行います

gdalwarp -s_srs SOURCE_SRS -t_srs TARGET_SRS INPUT_FILENAME OUTPUT_FILENAME
gdalwarp -s_srs EPSG:9001 -t_srs EPSG:4326 input.tif output.tif

s_srsはソースの空間参照系を指定し、t_srsはターゲットの空間参照系を指定します。
指定に利用可能な空間参照系は、OGRSpatialReference.SetFromUserInput()コールでサポートされているものなら何でも。たとえば以下のものがあります。

  • EPSG Projected, Geographic or Compound CRS (i.e. EPSG:4296)
  • WKT (well known text) CRS定義
  • PROJ.4宣言
  • WKT CRS定義を含む.prjファイル

Discussion

ログインするとコメントできます