GitHubでフォーク元の変化を取り込む

1 min読了の目安(約600字TECH技術記事

GitHubで共同開発をしていると、フォークしてから作業をするという形で作業することが多くなるかと思います。

その際、フォーク元のリポジトリに差分が生じてしまうとgit pullでは差分を取り込むことができません。

そこで今回はフォーク元の差分を自身のリポジトリに反映させる方法を書きます。

手順

まずは正しくupstream先が登録されているか確認します。

$ git remote -v
origin	git@github:private/hoge.git (fetch)
origin	git@github:private/hoge.git (push)
upstream	git@github:work/hoge.git (fetch)
upstream	git@github:work/hoge.git (push)

もしupstream先を登録できていない場合は下記コマンドで登録します。

$ git remote add upstream git@github:work/hoge.git

後はupstream先の最新をfetchで追いかけて自身のリポジトリにマージします。

$ git fetch upstream
$ git merge upstream/master

意外と調べてもピンポイントで記事が出てこなかったので書きました。