Closed5

Nuxt.js で動的にサイトマップを生成するメモ

各プロパティの使い方を簡単にメモ

exclude(array)

  • 除外しておきたいパスを配列で定義する。
  • /** としておくと、配下全てに対して適用される。
nuxt-config.js
export default {
  modules: [
    @nuxtjs/sitemap
  ],
  sitemap: {
+  exclude: ['/admin/**', '/tmp']
  }
}

route(object)

nuxt-config.js
export default {
  modules: [
    @nuxtjs/sitemap
  ],
  sitemap: {
  exclude: ['/admin/**', '/tmp'],
+  route: async () => {
+    const data = await axios.get(`${proces.env.API_BASE_URL}/v1/posts`)
+    return data.map((post) => `/posts/${post.slug}`
+  }
  }
}

If you use other modules (eg. nuxt-i18n), always declare the sitemap module at end of array

とあるので、複数モジュールを読み込む場合はこのモジュールが末尾に来るよう推奨されているようです。ということで編集リクエストを送らせていただきました。

また、最新のバージョンでは、generate: true は設定しなくても勝手にサイトマップを出力してくれるようです。

https://qiita.com/bucchi49/items/d271c4010a3f6c900926
このスクラップは2021/06/06にクローズされました
ログインするとコメントできます