【MacOS】Big Surへのアップデート後に生じる、Thunderbirdの不具合と対処法

1 min read読了の目安(約1500字

2020年11月30日現在、MacOSを新バージョン「Big Sur 11.0.1」にアップデートすると、Mozillaが提供する電子メールクライアント「Thunderbird」に、挙動が不安定になったという症状が多数報告されている。

Big SurでThunderbirdがクソ重い。これは駄目なレベル

Thunderbird 78.5来たけど、相変わらずBig Surでは重すぎてダメだ

Big surとThunderbirdがバグってて激重で地獄すぎる

かくいう僕もメールはThunderbirdで一括管理していたため、ここ数日生きた心地がしなかった

Mozillaのことなのですぐに対応するだろうが、今も生きた心地がせず地を這いずり回っているMacユーザーを救うべく、解決までのログを書き残してみることにする。

対処法

この問題は、公式サイトで公開されているbeta版「84.0b2(64bit)」にアップデートすることで対処することができる。

Thunderbirdには、通常(release)版と、試作(beta)版があり、release版は78.50が最新版。
beta版とは、正式にリリースされていない段階の最先端の開発版であり、フィードバックを集めるために公開されているものである。

アップデート方法

  1. Thunderbird公式サイトのフッターまでスクロールすると、「BETA版をダウンロード」というボタンがあるので、ダウンロード。

  2. .dmgファイルを実行。
    アプリケーションフォルダに移動させるウインドウがでてくるので、マウスでドラッグ。
    自分の環境では、「置き換える」で問題なかった。

    バックグラウンドピクチャは、歴史を刻め六甲道店の汁なしラーメン。お腹減ったなあ

  3. 改めてThunderbirdを起動すると、フォルダやメールの設定も残ったままでアップデートすることができた。
    メニューバーの「Thunderbird > Thunderbirdについて」で、beta版になっていることを確かめることもできる。

Thunderbird 84.0b2(64-bit)

You are currently on the beta update channel.

備考

ベータ版へのアップデートは自己責任となる
自分の環境ではフォルダやメールの設定が維持されたが、心配な方はバックアップを推奨する。

また、一度beta版にバージョンを変更すると、release版で上書きインストールしても、直後のアップデートでbeta版に戻されてしまう。(らしい)

そのため、release版がBigSurに対応したときに、アップグレードチャンネルをbeta版からrelease版に変更する必要がある。(だよね)

(参考:thunderbiradで、beta版を入れてしまった時の対処法