🙆

OpenFOAMでベンチマーク

2022/03/07に公開約1,500字

手元のデスクトップPCのCPUはIntel Core i5 7500Tで、2017年リリースの第7世代。5年前のもの。普段使いでは特に支障はないけど、最近のPCで計算するとどのくらい速いのか気になります。

参考元はOpenBenchmarking.orgにあるOpenFOAMの結果

https://openbenchmarking.org/test/pts/openfoam

Phoronix Test Suiteの中のひとつにOpenFOAMが入っていて、OpenBenchmarking.orgではそれによる結果が公開されています。

計算の実行

スクリプト(pts/openfoam-1.0.1)を参考にMotorbike 30Mで計算してみます。

参考元はOpenFOAM-8をインストールして実行しているけど、なんとなく面倒なので現状の環境(OpenFOAM v2112, Windows 11 WSL Ubuntu 20.04)で実行します。

$ wget http://www.phoronix-test-suite.com/benchmark-files/OpenFOAM-Intel-20170512.tar.xz
$ tar xvf OpenFOAM-Intel-20170512.tar.xz
$ cd OpenFOAM-Intel-master/benchmarks/motorbike
$ ./Mesh 150 60 60
$ ./Setup 4
$ mpirun -np 4 simpleFoam -parallel > log.simpleFoam &
$ tail -f log.simpleFoam

3回の平均がこんな。

PC CPU Time Time Ratio
Desktop PC
DELL OptiPlex 3050 Micro
Core i5-7500T
(4Core, 4Thread)
453s 1.00
Note PC
BMAX Y11
Celeron N4120
(4Core, 4Thread)
1,137s 2.51
参考
(OpenBenchmarking.org)
Intel Core i7-11700K
(8Core, 16Thread)
184s 0.41
参考
(OpenBenchmarking.org)
Intel Core i5-12600K
(10Core, 16Thread)
147s 0.32

CPUが4~5万円くらいで売っていそうなものと比較すると、新しいのが欲しくなってしまう。
けど、まずはOpenFOAMを勉強しないと....。

Discussion

ログインするとコメントできます