🎥

ターミナルからCloudWatch logsをTailする方法

2021/03/01に公開

はじめに

めちゃめちゃ便利なツールを教えていただいたので、共有したいと思います。

検証用にECSのコンテナから吐き出されたログをCloudWatch logsに出力し確認することがあると思います。
その時、CloudWatch logsにStream出力されたログを、itermなどのターミナルから確認したいという方におすすめのツールを紹介します。

AWSlogs

awslogsというツールを使用することで、この願いが叶います。

インストール

  • pipで入れたい人
pip install awslogs
  • brewで入れたい人
brew install awslogs

awslogsのサブコマンド

サブコマンド 説明
groups CloudWatch Logsのロググループ名を表示
streams CloudWatch Logsのストリーム名を表示
get CloudWatch Logsのストリームに発生したイベントを表示

オプション

  • -w オプション
    このオプションは、ログを表示し続けます。

  • -G オプション
    ロググループ名を省略して表示させます。

  • -S オプション
    ストリーム名を省略して表示させます。

  • --timestamp オプション
    ストリームにイベントが発生した時間を表示します。

  • -s オプション
    ストリームにイベントが発生した時間以降のログを表示させます。

上記を踏まえ、tailする時のコマンドはこれ

awslogs get [log_group_name] -w -s 10m -G -S --timestamp
意味は、10分前以降の指定したロググループのイベントをtailし、ストリーム名、ロググループ名を省略し、ストリームにイベントが発生した時間は表示するという意味です。

awslogs get ??? -w -s 10m -G -S --timestamp

Discussion

ログインするとコメントできます