Open4

AWS API Gateway

  • stage
    • prod/dev など
    • APIパスにstage名が含まれる
      • https://.../prod/lambada-func
      • https://.../dev/lambda-func
  • deploy
    • バージョン管理、設定などが管理されている
    • 自動デプロイが有効だと自動的に最新のデプロイ(設定)が反映される
    • 手動の場合はステージに対してデプロイを作成して適用する
  • $defaultステージはAPIパスのステージ名が空になる
    • https://.../lambda-func
  • APIには複数のルート(パス)を持たせることができる
    • /func1
    • /func2
  • パスに統合するlambdaも個別に指定できる
  • カスタムドメインのAPIマッピングを使うと任意のステージを任意のパスにマッピングできる
    • 例えば.../prod を / にマッピングなど
ログインするとコメントできます