Closed
8

学習メモ:Build Image and Video Style Transfer models in Create ML - WWDC 2020 - Videos - Apple Developer

  • Style TransferはCreate MLの新しい機械学習タスク
  • スタイルとコンテンツをブレンドする(Stylized)
  • モデルはスタイル画像の色味とスタイルをコンテンツに転送する
  • スタイルの適用は画像だけでなくビデオに適用できる
  • 動画のリアルタイム処理が可能
  • A13Bionicは最大120フレーム/秒の性能が出る
  • スタイル転送モデルのトレーニングするにはトレーニングデータを用意する
  • スタイル強度(strength)とスタイル密度(density)でモデルの動作を調整できる
  • 強度が低いとスタイルの適用が少なくなる、強いと全体に適用される
  • 密度が荒いと大雑把な学習結果が適用、高いと細かいスタイルが適用される
  • Create MLでトレーニングする
  • Style Transferのテンプレート選択
  • スタイル画像は1枚で良い
  • Content Imagesには数百枚の画像をセット

  • 画像とビデオでパラメータが異なる
  • スライダーで密度と強度を調整できる
  • Previewタブで動作が確認できる

  • ARKitと組み合わせる

このスクラップは5ヶ月前にクローズされました
ログインするとコメントできます