🔥

Xcodeのテストレポートを確認する

1 min read

Xcodeで以下のようなテストコードを作成する(記載のコードは「iOSテスト全書」から借用)。

import XCTest

func validate(password: String) -> Bool {
    if password.count <= 7 {
        return false
    }
    let numString = password.components(
        separatedBy: CharacterSet.decimalDigits.inverted).joined()
    return numString.count >= 2
}

class PasswordValidatorTests: XCTestCase {
    func testパスワードバリデーションの文字数() {
        XCTContext.runActivity(named: "数字が2文字以上含まれている場合") { _ in
            XCTContext.runActivity(named: "合計7文字が入力された場合") { _ in
                XCTAssertFalse(validate(password: "abcde12")) }
            XCTContext.runActivity(named: "合計8文字が入力された場合") { _ in
                XCTAssertTrue(validate(password: "abcdef12"))
            }
            XCTContext.runActivity(named: "合計9文字が入力された場合") { _ in
                XCTAssertTrue(validate(password: "abcdefg12"))
            }
        }
    }
}

⌘Uでテストを実行するとテストの実行結果が含まれたテストレポートが生成される。テストレポートは次の場所から閲覧できる。

本記事で使用した環境

  • Xcode 12.5

おまけ

この記事に記載した内容は、shu223さんのサロンで定期的に開催されている輪読会の中で教えてもらいました(いまはiOSテスト全書を読んでいます)。

https://community.camp-fire.jp/projects/view/280040

Discussion

ログインするとコメントできます