🦔

アプリ開発者のための『年次自己分類報告書』概要と記入例

2 min read

HTTPSなどの暗号化技術を使ったアプリを、App StoreやGoogle Playなどで公開した場合、『年次自己分類報告書』なるものを、1年に1回提出する必要があります。
本記事では、できるだけ簡潔に、年次自己分類報告書の概要と記入例をまとめます。

概要

  • 提出期限は、翌年の2月1日まで
  • レポートは、カンマ区切りのCSVで作成する
  • CSVは、一応サンプルが配布されている
  • レポートを添付したメールを、以下の2つのアドレスに送る
  • 前年のレポートから変更がない場合は、
    • 『前年のレポートから何も変更がない』と書いたメールを送信するか、
    • 前年のレポートをコピーして送る

記入例

CSVのカラムは、公式ページ[1]に記載の通り、以下の12個です。
各項目の書き方も、公式ページ[2]に記載されています。すべて必須項目です。

カラム名
PRODUCT NAME HOGEHOGE APP
MODEL NUMBER NONE
MANUFACTURER SELF
ECCN 5D992
AUTHORIZATION TYPE MMKT
ITEM TYPE Mobility and mobile applications n.e.s.;
SUBMITTER NAME Taro Yamada
TELEPHONE NUMBER +81 90-1234-5678
E-MAIL ADDRESS hoge@hoge.com
MAILING ADDRESS 1-1 Hoge Shibuya-ku, Tokyo, Japan
NON-U.S. COMPONENTS NO
NON-U.S. MANUFACTURING LOCATIONS Tokyo Japan

各項目の説明

PRODUCT NAME

製品名(アプリ名)。50文字以下。

MODEL NUMBER

モデル番号。50文字以下。特になければ、NONEN/Aを記入します。

MANUFACTURER

製造業者(開発者)。主に自分で作った場合は、SELFを記入します。複数人の場合はMULTIPLEと記入するか、それぞれの名前を記入します。NONEN/Aを記入することもできます。50文字以下。

ECCN

輸出管理分類番号(Export Control Classification Number)。HTTPSなどの暗号化技術を使ったアプリの場合は、5D992と記入します。(配布されているサンプルCSVでも、アプリの例は5D992となっています)

ちなみに、このコードの意味は、ざっくり以下の意味だそうです。[3]
5: 通信・暗号 / D: ソフトウェア / 99: 米国独自の規制 / 2: 暗号

AUTHORIZATION TYPE

認証タイプ(?)。MMKTと入力します。MMKTは、マスマーケットという意味だそうで、色々調べてみたのですが、専門的な内容でよく分かっていません。(一応、配布されているサンプルCSVではMMKTになっています)

ITEM TYPE

品目タイプ。モバイルアプリなので、Mobility and mobile applications n.e.s.;と記入します。

SUBMITTER NAME

提出者名(会社の場合は会社名)。50文字以下。

TELEPHONE NUMBER

電話番号。50文字以下。

E-MAIL ADDRESS

メールアドレス。50文字以下。

MAILING ADDRESS

住所。50文字以下。

NON-U.S. COMPONENTS

US以外のベンダーによって提供された暗号化コンポーネントを含むかどうか(?)。YESまたはNOまたはN/A。250文字以下。

NON-U.S. MANUFACTURING LOCATIONS

US以外の場所で製造された場合、その国と都市をリストアップする。250文字以下。

終わりに

という訳で、年次自己分類報告書の概要と記入例をまとめてみました。
専門的な用語が非常に多く、理解が足りていない部分もあるため、提出の際は、くれぐれも自己責任にてお願いします...!

脚注
  1. a. Annual Self-Classification - Bureau of Industry and Security
    https://www.bis.doc.gov/index.php/policy-guidance/encryption/4-reports-and-reviews/a-annual-self-classification ↩︎

  2. Electronic Code of Federal Regulations (eCFR) - Bureau of Industry and Security
    https://www.ecfr.gov/cgi-bin/retrieveECFR?gp=1&SID=4150cfbf028e9a85574385383a581f47&h=L&mc=true&n=pt15.2.742&r=PART&ty=HTML#ap15.2.742_119.6 ↩︎

  3. 輸出管理に関するFAQ | 安全保障貿易情報センター (CISTEC)
    https://www.cistec.or.jp/export/faq/faqansers2.html ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます