😊

Visual Studio Codeでzennの記事を書きやすくした

2023/01/17に公開約2,500字

はじめに

zenn.devの記事をGitHubで管理しているわけだけれども、画像の貼り付けや、いちいち npx zenn new:article などとコマンドを打つのが面倒なので、全部Visual Studio Codeでできるように設定をしてみた。

設定変更

設定をした箇所は以下の通り

  • 画像の貼り付けの自動化
  • Zenn CLIをショートカットで起動

画像の貼り付けの自動化

本文にスクリーンショットを貼りたいときなどに、いちいちスクリーンショットを取って、画像を /images ディレクトリに置いて、Markdownの画像貼り付けの記法でパスを指定して...という手順が本当に煩わしかったので、画像の貼り付けをすると /images ディレクトリに自動で保存され本文にマークアップされるようにした。

この "Paste Image" という拡張を追加して、次のようにワークスペース設定を変更した。

{
    "pasteImage.defaultName": "YYYYMMDDHHmmss",
    "pasteImage.path": "/images",
    "pasteImage.showFilePathConfirmInputBox": true
}

ユーザー設定にしてもいいんだけども、パスとかはプロジェクトごとに違うのでひとまずワークスペース設定にしておいた。また画像ファイル名のデフォルトは日付日時によるものだけど、自分で設定したいときもあるかもしれないので、プロンプトで名前を指定する設定も入れた。

Zennの場合、画像は必ずプロジェクトルートを / として /images からのパスで指定しないといけないので、この点もワークスペース固有になると思う。

Zenn CLIをショートカットで起動

Zenn CLIはターミナルで起動してもたいして時間はかからないんだけれども、ぱっとすぐに記事を書きたいときにショートカットで記事を作れたほうが便利かと思ったので設定してみた。

まず、プロジェクトに tasks.json を設定したいので、コマンドパレットを起動して "Task: Configure Task" でプロンプトを起動。初回なら "Create tasks.json file from template" から "Other" を選択。すでに tasks.json を作ってるなら、適当に過去に設定したタスクを選択するとファイルが開く。

開いたら次のように tasks.json を設定した。

{
    "version": "2.0.0",
    "tasks": [
        {
            "label": "newArticle",
            "type": "shell",
            "command": "npx zenn new:article --slug=$(date +%Y%m%d)-${input:slug}"
        }
    ],
    "inputs": [
        {
            "id": "slug",
            "description": "slug名",
            "default": "hello",
            "type": "promptString",
        }
    ]
}

自分はslug名を 日付-キーワード としているので、日付部分はshellの date コマンドから、キーワード部分はプロンプトで入力するように設定した。この辺りは好みなので、使える変数を参照しながら設定するとよい。(Windowsでも動くようにしたいので、なんとかここを統一したいが名案がない)

そのあとこのタスクをショートカットで起動できるようにキーバインディングを設定する。

コマンドパレットから "Preferences: Open Keyboard Shortcuts (JSON)" を選択して設定ファイルを開き、次のように編集する。

[
    {
        "key": "ctrl+shift+meta+a",
        "command": "workbench.action.tasks.runTask",
        "args": "newArticle",
    }
]

"args" のフィールド値は上の tasks.json で設定した、タスクのラベル名。またマルチプラットフォームで動くように、キーバインドでは meta キーと設定した。

実際に使ってみた

適当に Ctrl+Shift+Meta+a を押してみると次のようにプロンプトが開いた。デフォルト値は "hello" にしてある。

slug名のプロンプト

このファイル名でそのまま設定すると設定したnpxのコマンドが無事実行されてファイルが作成された。

npxが実行される

Discussion

ログインするとコメントできます