🦀

Rustの勉強 1日目

2022/09/27に公開約1,600字

Rustの環境設定

Rust自体のツールインストール

公式のGetting startedとQiitaに出ていたmacOSの場合でのインストール方法を参照してインストールした。

brew install rustup-init
rustup-init
exec $SHELL -l

またおすすめされているツールも入れる。

cargo install cargo-edit

エディタの設定

またVisual Studio Codeでコードを書くため、その設定もしておく。

rustup component add rls rust-src rust-analysis

Visual Studio Code側では rust-analyzer の拡張を入れておく。

簡単なコードを書く

公式のGetting startedに従ってコードを書いた。

cargo new hello-rust

これでプロジェクトができたので、 ferris-says を使ったコードを書く。 cargo-edit を入れたので、自分でCargo.tomlをいじらずに追加する。

cargo add ferris-says

main.rs にサンプルコードを写経してみる。

use ferris_says::say; // from the previous step
use std::io::{stdout, BufWriter};

fn main() {
    let stdout = stdout();
    let message = String::from("Hello fellow Rustaceans!");
    let width = message.chars().count();

    let mut writer = BufWriter::new(stdout.lock());
    say(message.as_bytes(), width, &mut writer).unwrap();
}

するとエディタ側で補完とか型情報とかが表示される。

cargo run したら表示された。

$ cargo run
    Finished dev [unoptimized + debuginfo] target(s) in 0.07s
     Running `target/debug/hello_rust`
 __________________________
< Hello fellow Rustaceans! >
 --------------------------
        \
         \
            _~^~^~_
        \) /  o o  \ (/
          '_   -   _'
          / '-----' \

参照

Discussion

ログインするとコメントできます