🥤

Gulp.js+Browsersyncでシンプルなマークアップ環境構築

2022/08/28に公開約2,800字

記事の内容

HTML,CSS(SCSS)を用いたシンプルなマークアップ用の環境構築の一例

やりたいこと

  • ReactやVueを使用しないマークアップの環境構築
  • インデントなどの設定を開発メンバーで共有したい
  • HTML,CSSの修正をリアルタイムで同期させたい

環境構築で設定するもの

  • node.jsのインストール
  • .gitignoreの設定
  • gulpfileの設定
  • editorconfigの設定

手順

node.jsインストール

node.jsのインストールに関しては調べれば色々記事があるので割愛します。
個人的にはバージョン管理ツールとしてvoltaを入れておくことをお勧めします。  

https://zenn.dev/taichifukumoto/articles/how-to-use-volta

既にvoltaをインストールしている場合は以下で最新のLTS版をインストール

volta install node

.editorconfigの設定

ルート直下に.editorconfigを設定することで、異なるエディタ・IDE間でも一貫したコーディングスタイルを定義、維持できます。
プロジェクトのコーディングルールに合わせて設定すれば、gitで管理している以上、メンバー間でコーディングスタイルを統一できます。

root = true

[*]
charset = utf-8
end_of_line = lf
indent_size = 2
indent_style = tab
max_line_length = 120
trim_trailing_whitespace = true
insert_final_newline = true

[*.md]
max_line_length = 0
trim_trailing_whitespace = false

.gitignoreの設定

node_modulesや.vscodeはgitにあげたくないので、忘れないうちにルート直下に .gitignore の設定をしておきます。

node_modules
.vscode

gulp.jsとbrowser-syncのインストール

タスクランナーとして gulp.js をインストールします。

yarn add -D browser-sync
or
npm install -D browser-sync

browser-syncgulp.js と連携させて使用するため、先にインストールしておきます。

yarn add -D gulp
or
npm install -D gulp

gulpfile.jsの設定

gulp.jsの設定をgulpfile.jsで行います。  
browserSyncの連携やタスクの設定を記述します。

gulpfile.js
var gulp = require('gulp');
var browserSync = require('browser-sync').create();
var connectSSI  = require('connect-ssi');

gulp.task('default', function() {
  browserSync.init({
    watchOptions: {
      ignoreInitial: true,
      ignored: [ '**/*.+(jpg|jpeg|png|gif|svg)', 'scss', 'node_modules']
    },
    middleware: [
      connectSSI({
        baseDir: './',
        ext: '.html'
      })
    ],
    server: "./"
  });
});

package.jsonにscript追記

package.jsonにgulpを実行するスクリプトを追記します。

package.json
"scripts": {
    "start": "gulp"
  },

環境立ち上げる

以下コマンド実行でBrowsersyncを実行します。

yarn start
or
npm run start

BrowserSyncを実行するとコンソールに以下のようなログが出ます。

[Browsersync] Access URLs:
 --------------------------------------
       Local: http://localhost:3000
    External: http://192.168.2.114:3000
 --------------------------------------
          UI: http://localhost:3001
 UI External: http://localhost:3001
 --------------------------------------

ExternalのURLが立ち上がったローカルサーバーのURLになります。

感想

HTML,CSS(SCSS)を用いたシンプルなマークアップ用の環境構築の一例としてGulp.jsを用いましたが他にもGruntを使用する方法など、やり方は様々です。

モジュールバンドラー(webpackなど)を使用するとなると、設定まわりの学習コストがかかったりするので、プロジェクトの規模や目的によって適切なタスクランナーやもクールバンドルの選定が必要になります。
そのためにもいつくかは自分で環境構築を行なって導入の感覚を掴んで見たいと思いました。

参考記事

https://qiita.com/naru0504/items/82f09881abaf3f4dc171
https://ics.media/entry/3405/
https://ics.media/entry/3405/
https://zenn.dev/yuki0410/articles/8ee3433cfa5b807968d0-2
https://note.com/kei_01011/n/n34220e142583

Discussion

ログインするとコメントできます