🍣

Flutter × Firestore 追加、更新、取得

3 min read

値を追加する

Firebaseのusersコレクションのフィールド値に値を追加したいときは以下のように書きます。
今回はnameというフィールド値に名無しのごんべを追加します。* addは任意のドキュメントIDが生成されます


FirebaseFirestore.instance.collection('users').add({
      'name' : '名無しのごんべ'
});

スクリーンショット 2021-08-28 12.06.00.png

setはドキュメントIDに対して追加・一括更新をすることができます。


FirebaseFirestore.instance.collection('users').doc(uid).set({
      'name' : '名無しのごんべ'
});

値を更新する

フィールド値を更新するには doc(uid) とドキュメントIDを指定してkeyにフィールド値、valueに追加したい値を挿入します。


FirebaseFirestore.instance.collection('users').doc(uid).update({
    'name' : 'ymktmk'
});

値を取得する

QuerySnapshotは複数のドキュメントIDを取得することができます。複数のドキュメントIDを1個ずつforEachで回しています。


FirebaseFirestore.instance.collection('users').get().then((QuerySnapshot snapshot) {
   snapshot.docs.forEach((doc) {
     /// usersコレクションのドキュメントIDを取得する
     print(doc.id);
     /// 取得したドキュメントIDのフィールド値nameの値を取得する
     print(doc.get('name'));
   });
});

DocumentSnapshotは単一のドキュメントIDを取得します。そのため doc(uid) とドキュメントIDを指定します


FirebaseFirestore.instance.collection('users')
     .doc(uid).get().then((DocumentSnapshot snapshot) {
     print(snapshot.get('name'));
});

リアルタイムに取得する

リアルタイムで取得するときにはgetではなくsnapshotをつけます。


FirebaseFirestore.instance.collection('users')
   .snapshots().listen((QuerySnapshot snapshot) {
     snapshot.docs.forEach((doc) { 
       print(doc.get('name'));
     });
});


FirebaseFirestore.instance.collection('users')
      .doc(myId).snapshots().listen((DocumentSnapshot snapshot) {
      print(snapshot.get('name'));
});

StreamBuilderを使う

ぶっちゃけStreamBuilderを使ってリアルタイムでViewに表示させるのがいいかもし れません


class Example extends StatelessWidget {

  final myId = FirebaseAuth.instance.currentUser!.uid;

  
  Widget build(BuildContext context) {

    return StreamBuilder<DocumentSnapshot>(
        stream: FirebaseFirestore.instance.collection('users').doc(myId).snapshots(),
        builder: (BuildContext context,  AsyncSnapshot<DocumentSnapshot> snapshot) {
          if (snapshot.hasData) {
            return Text(snapshot.data!['name']);
          } else {
            return Container();
          }
        }
    );
  }

}

以下のようにも書くことができます。stream: MeetController.getMatch(), ではStream<List<RoomModel>>を返すようなモデルを作成すればOKです。


class Example extends StatelessWidget {

  
  Widget build(BuildContext context) {
    return StreamBuilder<List<RoomModel>>(
      stream: MeetController.getMatch(),
      builder: (BuildContext context, AsyncSnapshot<List<RoomModel>> snapshot) {

        print(snapshot.data![0].roomId);
             
      }
    );
  }
}

Discussion

ログインするとコメントできます