MacでLyxの日本語環境を整える手順

4 min read

LyxというTexをワードライクにかける便利ツールがある。

その導入手続きを記す。

登場人物

1 MacTex (日本語のTex環境、texのコンパイラ)
2 TexShop (Macで使えるtexのエディタ)
3 Lyx (Macで使えるtexのエディタ)

※TexShop,Lyx共にエディタだがLyxのほうが便利なのでLyxを入れたい。ここではTexShopはMacTexのインストールが成功しているかどうかを確認するために使う。

MacにpLatexのインストールを行う

MacTexをいれる

-home brewを使う

sudo brew cask install mactex
  • brewが入ってないなら、以下からMacTeX.pkgをダウンロードする(非常に重いのでダウンロードに時間が掛かる)
    http://tug.org/mactex/

インストーラーが立ち上がるのでずっとクリック。

MacTexが正しく入ってるかどうかテストする(スキップしてもよい)

TexShopを入れる

ダブルクリックして中身を開いて、中にあるTeXShop.appを「アプリケーション」フォルダにコピー

http://osksn2.hep.sci.osaka-u.ac.jp/~taku/osx/install_ptex.html

TeXShopを立ち上げ、 TeXShop > 環境設定... から「設定プロファイル」で「pTeX (ptex2pdf)」を選びます。
-以下のサイトからサンプルコードをダウンロードしてTexShopで開く

http://ballrw.web.fc2.com/tex/test.tex

タイプセットをクリックする。文字が色々書かれたpdfができれば成功!

Lyxのインストール

Lyxの日本語環境をつかうため(UTF-8 日本語 TeX の登録)

LyX – TeX Wiki に従って文字コード UTF-8 の日本語が出力できるようにJapanese (non-CJK) (UTF-8) を追加します.

/Applications/TeX/LyX.app を二本指クリックするとメニューが表示されるので,パッケージ内容を表示を選びます.
/Applications/TeX/LyX.app/Contents/Resources/encodings を適当なエディタで開きます.
注:ここから設定ファイルを日本語が使えるように修正していきます。目安となる行数を書きましたがverで異なるので文字列で検索するなどして自分で探して下さい。
156行目から始まる

# For japanese
Encoding jis JIS "Japanese (CJK) (JIS)" ISO-2022-JP variable CJK
End

を次のように UTF-8 指定に変更します.

# For japanese
# Encoding jis JIS "Japanese (CJK) (JIS)" ISO-2022-JP variable CJK
Encoding utf8 UTF-8-JP "Japanese (UTF-8)" UTF-8 variable none
End

(上で1行足したので) 179行目から始まる

# Traditional Japanese TeX programs require the japanese package.
# that is incompatible with CJK and inputenc.
Encoding euc-jp-plain EUC-JP-pLaTeX "Japanese (non-CJK) (EUC-JP)" EUC-JP variable japanese
End
Encoding jis-plain JIS-pLaTeX "Japanese (non-CJK) (JIS)" ISO-2022-JP variable japanese
End
Encoding shift-jis-plain SJIS-pLaTeX "Japanese (non-CJK) (SJIS)" CP932 variable japanese
End

を以下のように修正して Japanese (non-CJK) (UTF-8) を追加.

# Traditional Japanese TeX programs require the japanese package.
# that is incompatible with CJK and inputenc.
Encoding euc-jp-plain EUC-JP-pLaTeX "Japanese (non-CJK) (EUC-JP)" EUC-JP variable japanese
End
Encoding jis-plain JIS-pLaTeX "Japanese (non-CJK) (JIS)" ISO-2022-JP variable japanese
End
Encoding shift-jis-plain SJIS-pLaTeX "Japanese (non-CJK) (SJIS)" CP932 variable japanese
End
Encoding utf8 UTF-8-pLaTeX "Japanese (non-CJK) (UTF-8)" UTF-8 variable japanese
End

ファイルを保存して閉じます.

/Applications/TeX/LyX.app/Contents/Resources/languagesをエディタで開きます.499行目最近は510行目あたりから始まる

# uses CJK package
Language japanese-cjk
     GuiName         "Japanese (CJK)"
     Encoding        euc-jp
     LangCode        ja_JP
End

の後に

# uses UTF-8 in Japanese
Language japanese-utf
     GuiName         "Japanese (UTF-8)"
     Encoding        utf8
     LangCode        ja_JP
End

を付け加えます.ファイルを保存して閉じます.

Lyxのアプリ内の設定

  • LyX を起動します.LyX メニューから環境設定を選びます.
  • 言語設定の言語で
    操作画面用語で Japnese (UTF-8) を選びます.
    言語パッケージは任意設定を選んで,その後のボックスの内容を消去します.その下の開始コマンドも消します.
    言語を大域的に設定,外国語をマークするのチェックを両方とも外します.
  • 出力のLaTeXでLaTeXフォントエンコーディングのチェックを外し,後ろのボックスの中身も消します.
  • ファイル処理の変換子で(ここの修正は修正ボタンをクリックしないとworkしない.)
DVI -> PDF (dvipdfm) を選んで,変換子(O): の dvipdfmx -o $$o $$i を dvipdfmx -f cid-x.map -o $$o $$i と書き換えて,フォントマップファイル cid-x.map を参照するように指定します.(MacTeX で TeX 環境を整備するの TeXShop の設定の項参照.)
修正ボタンをクリックして変更内容を保存します.

同じくファイル形式で
PDF (dvipdfm) の規定出力形式を PDF (pdflatex) から PDF (dvipdfm) にしておきます.
修正ボタンをクリックして変更内容を保存します.
  • 適用,保存をクリックして変更内容を保存.
以下は文章を新規作成をした後にじゃないと設定できない
  • 文章 設定 文章クラス book(japanse)
  • 文章 設定 言語 文字コード その他(E) Japanese(non-CJK)(UTF-8)
  • Lyx reconfigureをクリックしてLyxを再起動

el capitanでの対策

sudo tlmgr update --self --all
cd /usr/local/texlive/2015/texmf-dist/scripts/cjk-gs-integrate
sudo perl cjk-gs-integrate.pl --link-texmf --force
sudo mktexlsr
sudo kanji-config-updmap-sys hiragino-elcapitan-pron

Lyx=>環境設定=>パス=>PATH接頭辞に以下を一番左に追加

/Library/Tex/texbin:

リファレンス

Discussion

ログインするとコメントできます