Azure SQL 2020 アップデートまとめ

18 min read読了の目安(約16200字

この記事について

Azure SQL & Synapse Analytics Advent Calendar 2020 1 日目の記事です。

この記事は、2019 年 12 月 〜 2020 年 11 月 30 日 の 1 年間における Azure SQL 関連のアップデート内容を記載しています。

アップデート内容の対象

本記事に記載しているアップデートの内容は、以下の Azure サービスを含んでいます。

  • Azure SQL Database
  • Azure SQL Managed Instance
  • Azure SQL Edge
  • Azure Synapse Analytics

アップデートまとめ

Azure SQL Database

新しい 自動チューニングの既定設定を導入 (開発中)

2020 年 3 月に、最適なデータベースパフォーマンスを提供できるように設計された、新しい自動チューニングの既定の設定が Azure SQL Database に導入されました。(2020/2/10)

自動チューニングで構成されていない既存のサーバでは、新しい既定の設定が自動的に適用され、有効になります。既に自動チューニングが構成されているサーバーは影響を受けません。
新しい Azure SQL Database サーバーを作成すると、自動チューニングの設定は以下に設定されます。

  • FORCE LAST GOOD PLAN: 有効
  • CREATE INDEX: 無効
  • DROP INDEX: 無効

Private Link を使用した、Azure Virtual Network から Azure SQL Database へのプライベート接続の一般提供が開始されました。(2020/3/18)

Azure AD 認証機能

Azure Active Directory(Azure AD)認証を使用する 3 つの新機能がプレビューされています。
これらの機能は、Azure AD アプリケーションを使用したユーザー作成を自動化し、個々の Azure AD ゲストユーザーを SQL Database、Azure Synapse Analytics、または SQL Managed Instance で作成できるようにします。(2020/9/22)

Hyperscale で変更内容の追跡がサポート

Azure SQL Database Hyperscale では、変更の追跡が完全にサポートされるようになりました。(2020/4/15)
Azure SQL エンジンのネイティブ機能を使用して、ユーザーに代わって挿入、更新、削除された行を追跡します。

Hyperscale の予約済み容量が利用可能に

Azure SQL Database Hyperscale の新しい予約済み容量の提供により、vCore 購入モデルを使用するときに Azure SQL Database に 1 〜 3 年の契約を結ぶと、コンピューティングコストを割引できます。(2020/10/2)

Hyperscale で顧客管理キーを使用した透過的なデータ暗号化の提供開始

Azure SQL Database の Hyperscale サービスレベルでは、Bring Your Own Key (BYOK) を使用した TDE のサポートの提供が開始されました。(2020/6/10)

Azure SQL Database サーバレスの制限上昇

Azure SQL Database サーバーレスの vCore の最大制限は、16 vCore から 40 vCore に 2 倍以上増加しました。
制限が高いほど、ワークロードがより要求の厳しいサ​​ーバーレスデータベースのコンピューティング自動スケーリングのヘッドルームが大きくなります。(2020/6/10)

監査ログ出力場所のサポート追加

Azure Virtual Network またはファイアウォールの内側にある Azure ストレージアカウントへの Azure SQL 監査を使用したデータベースイベントの書き込みの一般提供が開始されました。
SQL Database および Azure Synapse Analytics の SQL 監査では、データベース イベントが追跡され、それが Azure ストレージアカウント、Log Analytics ワークスペース、または Event Hubs の監査ログに書き込まれます。(2020/5/13)

Microsoft サポート操作の監査 (プレビュー)

監査ログの宛先へのサポート要求中にサーバーやデータベースにアクセスする必要がある場合に、Microsoft サポート操作を監査できます。
この機能を監査とともに使用すると、従業員の透明性が高まり、異常検出、傾向の視覚化、およびデータ損失の防止が可能になります。
現在、Log Analytics と Event Hub をサポートしており、間もなくストレージアカウントのサポートに取り組んでいます。(2020/10/28)

Hyperscale トランザクション整合性のあるデータベースコピーのサポート

現在プレビュー中の Azure SQL Database のハイパースケールサービス層は、他のサービス層ですでにサポートされているデータベースコピーと同様に、同じまたは異なる論理サーバーまたはリージョンへのトランザクション整合性のあるデータベースコピーの生成をサポートします。(2020/9/22)

Azure Cost Management でストレージコストを監視可能に

Azure Cost Management にて、Azure SQL Database のバックアップデータに対して請求されるコストを確認できるようになりました。(2019/12/4)

既定の構成を変更

2020 年 3 月 9 日より、新しいデータベースとエラスティックプールの既定の構成が変更されました。(2020/3/12)

  • データベース
    • 汎用レベル - Gen 5 ハードウェアに 2 つの仮想コアがプロビジョニング
    • ビジネス クリティカル レベル - Gen 5 ハードウェアに 2 つの仮想コアがプロビジョニング
  • エラステイックプール
    • 汎用レベル - Gen 5 ハードウェアに 2 つの仮想コアがプロビジョニング
    • ビジネス クリティカル レベル - Gen 5 ハードウェアに 4 つの仮想コアがプロビジョニング

新しいメモリ最適化およびコンピューティング最適化ハードウェアオプション

非常に高いコンピューティングまたはメモリスケール、または非常に高い CPU 速度を必要とするワークロードに特化した、Azure SQL Database の新しいハードウェアオプションである M シリーズと Fsv2 シリーズが利用可能になりました。(2020/7/23)

Azure SQL Database ゲートウェイの変更 (2020/09)

2020 年 9 月 1 日から、東日本リージョンにおける以下の既存の Azure SQL Database ゲートウェイでトラフィックの受け入れが開始されます。

  • 40.79.192.5
  • 40.79.184.8

2020 年 9 月 15 日から、西日本リージョンにおける以下の既存の Azure SQL Database ゲートウェイでトラフィックの受け入れが開始されます。

  • 104.214.148.156
  • 40.74.100.192
  • 191.238.68.11
  • 40.74.97.10

これらの新しいゲートウェイによって、現在使用しているか、新しく作成された SQL データベースのためにドメインネームシステム (DNS) で解決されるパブリック IP アドレスが変わる場合があります。

バックアップストレージ冗長性オプション

既定では、Azure SQL Database で作成されたすべてのバックアップは、ペアのリージョンで複製されている読み取りアクセス地理冗長ストレージ(RA-GRS)BLOB に格納され、計画的および計画外のイベントが発生した場合にデータが保護されます。
Azure SQL DB の構成可能なバックアップストレージ冗長性オプションのプレビューが東南アジアで間もなく開始され、今後数か月以内に追加のリージョンが予定されています。
この機能により、バックアップ用にローカル冗長ストレージ(LRS)、ゾーン冗長ストレージ(ZRS)、または GEO 冗長(RA-GRS)ストレージ BLOB から選択するための柔軟性と選択肢が増えます。 (2020/9/22)

General Purpose でゾーン冗長構成が可能に

新規および既存の Azure SQL Database とエラスティックプールで、ゾーンの冗長構成を有効にできます。※プレビュー
この機能は、Azure Availability Zone を利用して、Azure リージョン内の複数の物理的な場所にデータベースを複製できます。(2020/10/22)

Azure SQL DB のインポートとエクスポートの直接エンドポイントを廃止

最適な接続を駆動するために Azure Resource Manager REST API の機能がさらに開発されると、ダイレクトエンドポイントを介した Azure SQL DB のインポート/エクスポートへのアクセスは 2023 年 10 月 31 日に廃止されます。(2020/10/28)

Azure SQL Managed Instance

Azure AD 認証機能

Azure Active Directory(Azure AD)認証を使用する 3 つの新機能がプレビューされています。
これらの機能は、Azure AD アプリケーションを使用したユーザー作成を自動化し、個々の Azure AD ゲストユーザーを SQL Database、Azure Synapse Analytics、または SQL Managed Instance で作成できるようにします。(2020/9/22)

サービス支援サブネット構成の提供開始

セキュリティ管理の要件に対処できるよう、サービス支援サブネット構成に切り替えが行われました。(2019/12/30)
データトラフィックを制御しながら、管理トラフィックの中断のないフローを実現可能です。
また、ネットワークセキュリティポリシーも強化できます。

委任されていないサブネットへのデプロイ終了

Azure SQL Database マネージド インスタンスの委任されていないサブネットへのデプロイは、2020 年 5 月 1 日に終了する予定です。
その日以降、マネージド インスタンスは、Microsoft sql\managedInstance リソース プロバイダーに対して委任されたサブネットにのみデプロイできるようになります。(2020/4/1)

Azure SQL Managed Instance の PITR バックアップの名称変更

2020/2/1 より、Azure SQL Managed Instance のポイントインタイムリストア (PITR) バックアップの測定名が変更されました。(2020/12/18)

手動でのフェールオーバーをサポート開始

テスト機能を強化するために、ユーザーが開始するフェイルオーバーが一般に利用可能になり、PowerShell、CLIコマンド、およびAPI呼び出しを使用して自動フェイルオーバーを手動で開始する機能が提供されます。(2020/9/2)

分散データベーストランザクションの追加 (プレビュー)

複数の Azure SQL Managed Instance にまたがる分散データベーストランザクションが追加され、既存のアプリケーションの摩擦のない移行と、垂直または水平に分割されたデータベースアーキテクチャに依存する最新のマルチテナントアプリケーションの開発が可能になりました。(2020/10/14)

グローバル仮想ネットワークピアリングサポートが利用可能

より簡単なネットワーク構成を提供するために、空のサブネットで作成されたすべてのマネージドインスタンスは、グローバル仮想ネットワークピアリング接続を介したアクセスが有効になっている仮想クラスターでホストされ、現在一般提供されています。(2020/9/22)

管理エクスペリエンスの向上

新しい CRUD API バージョンの導入により、SQL Managed Instance リソースは、作成リクエストが送信されたときから表示されるようになりました。
さらに、新しい OPERATIONS API には、管理操作を監視し、操作手順を確認し、操作の進行状況に基づいて依存アクションを実行する機能が追加されています。(2020/9/22)

Azure portal からハードウェア世代を Gen 5 に更新可能

Azure portal の [価格レベル] 画面から、ハードウェア世代を Gen4 から Gen5 に更新する機能が提供されるようになりました。(2020/1/17)

Machine Learning の限定プレビューが利用可能に

R および Python 言語をサポートする Machine Learning service において、Azure SQL Managed Instance での限定プレビューのサポートが含まれるようになりました。(2020/6/10)

バックアップストレージのコスト削減

ポイントインタイムリストア(PITR)に、データベースを1分以内にリカバリする機能を提供します。
現在、PITR バックアップの保持期間は、アクティブな場合は 1 日、削除されたデータベースの場合は過去 7 日間の最小日数と比較して 0 日に設定できます。
透過的データ暗号化(TDE)を使用したデータベースのバックアップの自動圧縮により、バックアップストレージスペースの消費効率が最大 30 %向上しました。(2020/8/5)

バックアップストレージ冗長性オプション

ローカル冗長(LRS)およびゾーン冗長(ZRS)ストレージオプションがバックアップストレージの冗長性に追加され、柔軟性と選択肢が増えました。(2020/9/22)

主なパフォーマンスの向上

汎用およびビジネスクリティカルのインスタンスのトランザクションログ書き込みスループットの向上と、ビジネスクリティカルインスタンスの優れたデータ/ログ IOPS が改善されました。
統合の改善と tempdb のパフォーマンスの向上による、汎用サービス層のパフォーマンスの予測可能性と安定性の向上も含まれています。(2020/9/22)

サポートされているすべてのバージョンの SSRS のカタログデータベースをホスト

現在一般提供されている Azure SQL Managed Instance は、サポートされているすべてのバージョンの SQL Server Reporting Services(SSRS)のカタログデータベースをホストできます。
昨年、SQL Server 2019 Reporting Services は、SQL Managed Instance でカタログデータベースをホストするためのネイティブサポートを導入しました。
SQL Managed Instance を使用して、以前にサポートされていたバージョンの SSRS のカタログデータベースをホストできるようになりました。(2020/9/22)

Azure SQL Edge

提供の開始

Azure SQL Edge の提供が開始されました。Azure SQL Edge は、ストリーミング、ストレージ、AI が組み込まれており、IoT エッジのデータとコンピューティングの要求を満たします。(2020/9/22)

Azure Synapse Analytics

プレビューの提供開始

Azure Synapse Analytics は、エンタープライズ データ ウェアハウスとビッグ データ分析がまとめられた無制限の分析サービスです。
この新しい機能をすべてのユーザーにご利用いただけるようになりました (プレビュー)。(2020/5/19)

Synapse Studio、統合された SQL と Apache Spark のエンジン、サーバーレスのデータ レイク探索、組み込みの Power BI 作成などの機能を含め、すばやく分析情報を取得するための新機能と統合エクスペリエンスを利用できます。

Azure AD 認証機能

Azure Active Directory(Azure AD)認証を使用する 3 つの新機能がプレビューされています。
これらの機能は、Azure AD アプリケーションを使用したユーザー作成を自動化し、個々の Azure AD ゲストユーザーを SQL Database、Azure Synapse Analytics、または SQL Managed Instance で作成できるようにします。(2020/9/22)

新しい MERGE コマンド

新しい MERGEコマンド を使用すると、顧客は、別のテーブルで検出された違いに基づいて、あるテーブルからデータを挿入、更新、または削除できます。※プレビュー
MERGE コマンドを使用すると、専用 SQL プール内の 2 つのテーブルを同期する以前のマルチステッププロセスが1つのステップに合理化され、データ操作コストが削減され、ユーザーエクスペリエンスが向上します。(2020/9/23)

COPY コマンドがサポート

COPY コマンド機能は、SQL ワークロードの高スループットデータ取り込みのためのシンプルで柔軟かつ高速なインターフェイスをユーザーに提供します。
ファイル分割によるパフォーマンスの向上、Parquet 自動スキーマ検出と複雑なデータ型のサポートによる使いやすさ、および Databricks、Informatica、Streamsets などのデータ統合パートナーエコシステム内での COPY コマンドのサポートが追加されました。(2020/9/23)

列レベルの暗号化

列レベルの暗号化(CLE)は、顧客がテーブル内の機密データのきめ細かい保護を実装するのに役立ちます。※プレビュー
CLE が適用される列のデータは、DECRYPTBYKEY 関数を使用して復号化するまで、ディスク上で暗号化されます(そして、メモリ内で暗号化されたままになります)。
この機能は、Azure Synapse Analytics の専用 SQL プールに適用されます。(2020/9/23)

クラウドネイティブのハイブリッド トランザクションおよび分析処理 (HTAP) 機能である Azure Synapse Link を使用すると、Azure Cosmos DB の運用データに関する凖リアルタイムの分析情報を得ることができます。
Azure Synapse Link によって、Azure Cosmos DB と Azure Synapse Analytics の間の緊密な統合が実現します。(2020/5/19)

Azure Synapse SQL Serverless でアウトバウンド接続に TLS 1.2 が適用

Synapse SQL Serverless の場合、すべての SQL クライアントアプリケーションで使用されるアウトバウンド接続に TLS 1.2 が適用されました。(2020/9/10)

新しいバージョンの SSMS および ADS に対応

ツールで最高のエクスペリエンスを得るには、SQL Server Management Studio(SSMS)18.7 および Azure Data Studio(ADS)1.24.0 以降のリリースの使用を開始してください。
以前のバージョンでは、Azure Synapse で Serverless SQL プールが完全にサポートされておらず、オブジェクトエクスプローラーの一部が機能しないという問題が発生する可能性があります。
SSMS および ADS の最新バージョンは、オブジェクトエクスプローラーでのオブジェクトのスクリプトを改善し、安定性を向上させます。(2020/11/11)

Apache Spark の Caching および Shuffle サービスのプレビュー開始

Caching と Shuffle は、パフォーマンスに最大の影響を与える Apache Spark のインフラストラクチャの 2 つのコンポーネントです。
ゼロから作成したこれらの新しいサービスにより、最新のハードウェアおよびオペレーティングシステムでこれらのコンポーネントのパフォーマンスを最適化できます。
このサービスは、Azure Synapse の Apache Spark プールで有効になっています。(2020/9/22)

Apache Spark 用の新しい共通データモデルコネクタ

共通データモデル(CDM)は、 Azureの Data Lake Storage(ADLS)に格納されたデータのスキーマとセマンティクスを記述するための一貫した方法を提供します。※プレビュー
Dynamics 365 などのアプリケーションからCDM形式でデータをエクスポートし、他のサービスに格納されているデータのスキーマとセマンティクスに簡単にマッピングできます。
Apache Spark を使用するサービスが CDM 記述データを CSV または Parquet 形式で読み書きできるようにすることで、CDM エコシステムを拡張する新しい CDM コネクタが発表されました。
これは、Scala、Python、または SparkSQL からアクセスできるデータフレームの抽象化を通じて行われます。(2020/9/30)

Azure Data Explorer データコネクタの発表

Azure Synapse Workspace の Azure Data Explore データコネクタがプレビューで利用できるようになりました。
これは Azure Data Explorer Spark コネクタの拡張であり、Azure Synapse Apache Spark プールにネイティブに統合され、AAD パススルー認証、安全な資格情報管理、Synapse ワークスペースエクスペリエンスを備えたAzure Data Explore へのスムーズなアクセスを可能にし、開発者の生産性を向上させ、簡単にします。(2020/10/14)

機械学習モデルをデプロイするための新しいガイド付きUIエクスペリエンス (プレビュー)

ユーザーが Azure Machine Learning モデルレジストリから Azure Synapse に直接機械学習モデルをデプロイして推論できるようにするガイド付き UI エクスペリエンスが Synapse Studioに 導入されました。(2020/9/30)