📌

首都圏から福岡に1年間移住してみた

2022/10/10に公開約1,500字

東京時代

実家暮らし。

ときどき一人ぐらししたいなあと思うときもあったが、家賃高すぎ部屋狭すぎで調べてはため息をついていた。

転職して、どこにでも住んで良いという神制度がはじまったのでついぞ移住を決意した。

なぜ福岡?

候補地は以下の条件を満たす場所にした。

  1. 家賃が安い
  2. 自然が豊か
  3. 政令指定都市
なぜ政令指定都市?

東京に戻りやすいのと、政令指定都市ならばイベントが開催されるだろうという目論見があった。

また車を持つ気がサラサラなかったので、車なしで生活できる場所が望ましい。

結果として札幌福岡京都横浜が最終候補地となった。
有給消化期間に暇で死にそうだったので、すべての都市に赴いて物件探しの旅をした。結果として、福岡の百道浜という場所に住むことを決めた。

福岡に決めた理由は単純に物件と街の雰囲気が気に入ったから。あと、大学時代の友達が全員「帰福(帰省)したい」って言っていたのも大きい。


徒歩10分で百道浜というビーチにでることができる


住んでいた部屋。これで家賃12万円だった


眺めもとても良かった

遊び


車で30分走らせるとヤマメが釣れるような山、渓流がある


離島が偏在していて、市営フェリーで10分ほどで行ける。能古島

大学時代のともだち、家族がたくさん遊びに来てくれたおかげで観光地っぽいところもほぼほぼ行き倒した。きてくれて本当にありがとう。

個人的にいちばんよかったのは志賀島の海水浴場だった。穴場感があるので、福岡に来た際はぜひ。

つぎに住むなら

つぎに福岡に住むなら、照葉愛宕浜に住みたい。

照葉はさいきん再開発が進んでいて、高速バスが通っているため博多天神へのアクセスも良い。

愛宕浜はもう完全に個人の好み。まず観光客はこない(行きづらいため)し、町並みや海岸が西洋チックでとても良い。

百道浜は、西南大学という大学が近いこともあって夜には若者がたむろしている。

良くないところ

夏が暑い。もう本当に馬鹿みたいにあつい。35度が連日続いたときは死ぬかと思った。
それ以外は全く文句がないまちだった。

出不精で友達がつくれなかった。これは完全に自業自得。

最後に

福岡、まあ〜評判どおり住みやすい都市だった。東京で職を得ていて、どこにでも住んでいいのなら一度は検討してみても良いと思う。

Discussion

ログインするとコメントできます