Open10

vim環境見直し

Fernを入れようと思ってたんだけど、どうも自分が入れるべきなのはCtrlPらしい(ツリービューがほしいわけではないので)

CtrlPのいいところ:標準でMRU (most recent used)がある、依存が少ないので入れやすい

現状はUnite + netrwという構成

とりあえずVundleでctrlpを入れる。.vimrcで、Uniteの代わりに起動するようにする。使うモードはMixed (ファイル、バッファ、MRUのミックス)

Bundle 'ctrlpvim/ctrlp.vim'
let g:ctrlp_map = '<Space>u'
let g:ctrlp_cmd = 'CtrlPMixed'

ついでにripgrep.vimも入れてみた。:CtrlPRg fooみたいにしてctrlpと連携できる。ただignore設定をちゃんとしないと使えないな。まあこのへんはそのうち。

  Bundle 'halkn/ripgrep.vim'
  let g:ripgrep_options = '--hidden --iglob !\*.vi --iglob !, --iglob !.git'

せっかくだしctagsとかも入れてみるかなあ。とりあえずRustのを。https://github.com/dan-t/rusty-tags

brew install ctags が要るのか。とりあえず.viファイルはできた。

$ rusty-tags vi

これで :CtrlPTag すると関数の定義箇所ジャンプができる。

それで、これをvimから見るにはどうしたらいいんだ?syntasticってのを入れないといけないのかなぁ。こんなリッチじゃなくていいんだが…。

ログインするとコメントできます