🌊

Windows 11 での WSL 2+Docker をインストールする

2022/12/21に公開約1,600字

WSL 2 (Windows Subsystem for Linux 2)

仕事上は Mac を使っているのですが、M1 のため色々と課題も多く、特に仮想環境を構築する場合に面倒を感じていました。そのため、Windows というか Intel 環境のマシンで Docker を動かして試せるようにしようと思い始めて、Windows PC 上に環境を構築しようと調べたところ、WSL 2 を入れるのが手っ取り早いらし、というところにたどり着きました。

Windows 11

昨年、10年来使い続けた CPU + M/B + Memory + ストレージ をアップグレードして Windows 11 対応のものに変更し OS もアップグレードした(ここも苦労しました)のですが、ありがたみは全く感じませんでした。しかし、今回はそのありがたみを初めて感じました。WSL は面倒そうだったこともあり、また自分の目的には Git for Windows でいいじゃんって思ってこちらを使ってきましたが、WSL のインストールはすごく楽でした。ある時期以降の Windows 10 か Windows 11 から楽になったとか。

WSL 2 のインストール

基本、次を参考にして進めました。

https://learn.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/install

PowerShell を管理者権限で起動し次のコマンドを実行。

> wsl --install

そうすると、インストールが始まり、終わると PC の再起動を求められます。これにより、ディストリビューションをインストールするために必要な機能が有効になるそうです。
今回はディストリビューションを指定していないのと、--no-distribution も指定していないので、次回起動時に Ubuntu (デフォルト)がダウンロードされることになります。

Virtualization 設定

再起動後は最初なので Ubuntu のダウンロードから始まります(結構時間がかかる)。ダウンロード後は Ubuntu が動いてターミナルウィンドウでプロンプトが出るのですが、今回は動作中にエラーが発生しました。Virtualization が On になっていないというエラーです。M/B 入れ替えて以降、仮想化使っていませんでしたので変更してませんでした。
PC を再起動し BIOS 設定に入り(ASUS M/B なので F8 押し)、詳細設定で SVM Mode を Enable に(AMD システムなので)して Virtualization 機能を On に変更します。
Windows 起動後、Ubuntu の画面で

次の表示が無事に出ました。

Enter new UNIX username:

ここで初期登録したいユーザー名とパスワードを入れれば、ユーザー登録も完了です。

Docker インストール

Docker そのものは次からダウンロードしました。

https://docs.docker.com/desktop/install/windows-install/

インストーラーを実行すると質問が2項目ありました。

  • Use WSL 2 instead of Hyper-V
  • Add Shortcut to desktop

上はチェックを入れ(今回の目的がここにあったので)、下は好みに応じてチェックし [OK] するとインストールが行われます。問題なくインストールが終わると、Docker Desktop が利用できるようになります(自分はなりました)。

Discussion

ログインするとコメントできます