機械学習・データサイエンス初学者向けの本を書き始めました

1 min読了の目安(約700字IDEAアイデア記事

本の在り処

zennにて公開までしておりますが,日々更新される記事のあつまりとお考え下さい.チャプターとして完成したら別途「記事」としても公開します
 
機械学習といえば,筆者が大学に入るころにゼロから作るディープラーニングが発売されたのを覚えています.その時は,決定木だの回帰だの全く分かりませんでしたし,そのような仕事に就くのはアカデミアなどでより深いところまで修めた一握りだと感じていました.
 しかし,私がこうして機械学習・データサイエンスに関わる仕事に就くまでに,未経験から機械学習・データサイエンスに挑戦してみようとする方が増えていったように思えます.数学・統計的思考力も必要になるので,一筋縄では行かない分野ですが,GUIツールなどのソフトウェアの発達などによって,ハードルは下がりつつあったのかと思います.それでも,近年のコロナ禍もあってか,挑戦しようとしていた人たちがちらほらと諦めている方を見かけます.この本は,それでも挑戦しようとしている方や,既に企業に勤めていて,これから初めて機械学習・データサイエンスをやる方の励みになればと思い,書いています

本の想定読者

  • 機械学習・データサイエンスに挑戦してみようとしている方
  • 機械学習・データサイエンス業界と関連業界との関係を知りたい方
  • 機械学習・データサイエンスを,あまり高度過ぎず,深く学んでみたい方

本の構成

  • 用語解説
  • 機械学習・データサイエンスを学ぶ上で基本となる数学知識
  • 機械学習・データサイエンスの理論
  • 機械学習・データサイエンスのPythonによる実装
  • 機械学習・データサイエンスの他業界での応用事例