💰

【Android】Koinを使ってみた

2021/08/13に公開約3,700字

久しぶりにKoinを触ったので、メモ!

Koinを導入

まずKoinを導入します。

導入については こちら を参考にしました。

build.gradle

buildscript {
    // 追加
    ext.koin_version = '3.1.2'
    ext.kotlin_version = '1.5.20'
    repositories {
        google()
	// なければ追加する
        mavenCentral()
    }
    dependencies {
        classpath "com.android.tools.build:gradle:7.0.0"
        classpath "org.jetbrains.kotlin:kotlin-gradle-plugin:$kotlin_version"

        // NOTE: Do not place your application dependencies here; they belong
        // in the individual module build.gradle files
    }
}

app/build.gradle

dependencies {
    ...
    // 追加
    implementation "io.insert-koin:koin-android:$koin_version"
}

Setup Koin v3 に記載されていますが、jcenterの閉鎖で、koinプロジェクトのIDがorg.koinからio.insert-koinに変更されています。

Due to Jcenter shutdown, the koin project's maven group id was previously org.koin and is now io.insert-koin. Please check your configuration with modules below.

Applicationクラスで初期化する

アプリが起動するときに最初に呼び出されるApplicationを継承したクラスで、Koinの初期化を行います。

MyApp.kt

package com.example.sample

import android.app.Application
import org.koin.android.ext.koin.androidContext
import org.koin.core.context.startKoin

class MyApp : Application() {

    override fun onCreate() {
        super.onCreate()
        setupKoin()
    }

    private fun setupKoin() {

        startKoin {
            androidContext(this@MyApp)
            modules(modules)
        }
    }
}

AppModule.kt

モジュール宣言を別ファイルに切り出しています。各宣言については以下のような動きになります。

  • single: シングルトンでモジュール宣言
  • factory: モジュール宣言したクラスが必要になるたび、インスタンスを生成する
  • viewModel: ViewModelのモジュール宣言で使用する
package com.example.sample

import com.example.sample.model.repository.Repository
import com.example.sample.model.repository.RepositoryImpl
import com.example.sample.ui.MainViewModel
import org.koin.androidx.viewmodel.dsl.viewModel
import org.koin.dsl.module

val modules = module {
    // interfaceでDIしたいときは、ジェネリクスにinterface、{ } に継承したクラスを定義する。
    single<Repository> { RepositoryImpl() }
    viewModel { MainViewModel() }
    // AndroidViewModelを継承している場合、コンストラクタでApplicationが必要になるので「get()」を使う
    viewModel { SampleViewModel(get()) }
}

AndroidManifest.xml

android:nameMyApp.ktを設定して、アプリ起動時に呼び出されるようにします。

<application
        android:name=".MyApp"
        android:allowBackup="true"
        android:icon="@mipmap/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:roundIcon="@mipmap/ic_launcher_round"
        android:supportsRtl="true">
        <activity
            android:name=".ui.MainActivity"
            android:exported="true">
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

DIする

実際にDIしてみます。

MainActivity.kt

class MainActivity : AppCompatActivity() {

    // MainViewModelをDIする
    private val _viewModel: MainViewModel by inject()

    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_main)

        ...
    }
}

MainViewModel.kt

class MainViewModel : ViewModel() {

    private val _repository: Repository by inject(Repository::class.java)

    init {
        fetchRepositories()
    }

    private fun fetchRepositories(userName: String = "user") {

        viewModelScope.launch(Dispatchers.IO) {
            val result = _repository.fetchRepositories(userName)
            ...
        }
    }
}

Discussion

ログインするとコメントできます