🕑

ISO8601について

1 min read

概要

ISO8601とは「[1]ISOで定められた日付と時刻の表記に関する国際規格」のこと。

ISO8601の形式

日付と時刻を「T」で区切ります。

[2]UTCの場合、秒の後に「Z」を付け、その他のタイムゾーンの場合、秒の後に「±時間」を表記して、タイムゾーンごとの違いを表します。

例: 2021年5月21日 14:00

  • UTC: 2021-05-21T14:00:00Z
  • [3]JST: 2021-05-21T14:00:00+09:00

2つの形式

形式には「基本形式」と「拡張形式」の2つがあり、表記内に「区切りを入れて見やすくしているか」という違いがあります。

  • 基本形式: YYYYMMDDThhmmss
  • 拡張形式: YYYY-MM-DDThh:mm:ss

基本形式と拡張形式の混在はダメなので、どちらかに統一する必要があります。

年月日と時間の形式

  • 年: YYYY
  • 月: MM(01から12)
  • 日: DD
  • 時: hh(00から24)
  • 分: mm(00から59)
  • 秒: ss(00から59(閏秒に60をとる))

年月日で使用出来る形式

  • YYYYMMDD
  • YYYY-MM-DD
  • YYYY-MM(YYYYMMは使用できない)
  • YYYY

時間について

「00:00」は日の初め、「24:00」は日の終わりを表します。

例:「2021-05-21T24:00:00Z」と「2021-05-22T00:00:00Z」は同じ日付

タイムゾーンの形式

  • +hh:mm
  • +hhmm
  • +hh
脚注
  1. 国際標準化機構。国際的な標準の「国際規格」を策定している。 ↩︎

  2. 協定世界時 ↩︎

  3. 日本標準時。UTCより9時間進んでいる ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます