📈

Google Apps Script(GAS)のスクリプトエディタのサービスからGA4のAPIが追加できるようになった件

2022/05/27に公開約1,300字

2022年5月からグーグルアナリティクスの次世代版GA4のAPIを、Google Apps Script(GAS)で簡単に利用できるようになりました!

GA4のAPI

GA4のデータをプログラミングなどで取得したい場合には、「Google Analytics Data API」から取得できます。

従来版GAのユニバーサルアナリティクス(UA)とは設計思想など大きく異なっている面もあり、まったく別物のAPIを利用する必要があります。

元々GCPからAPI有効化や権限設定が煩雑

GA4のAPIは、Google Cloud Platfrom(GCP)で設定必須でした。

Google Apps Script(GAS)から実行したい場合、GCP側の設定に加え、GASのプロジェクト紐づけやマニュフェストファイル(appsscript.json)を直接書き換えるなど、かなり面倒でした。

実際にGASでGA4にAPIでリクエストする手順は以下でまとめています。

https://auto-worker.com/blog/?p=3250

※ユニバーサルアナリティクスのAPIはGASサービスから追加すれば、すぐに利用可能。

GASのサービスにGA4のAPIが追加

2022年5月にGASのエディタのサービスを閲覧していたところ、GA4のAPIが追加されているのを発見しました!

これで、UAと同じように超簡単にGASでAPIが実行できます。

3分でGASからGA4のデータを取得

GASからGA4のAPIにリクエストして、データを取得する手順を動画にしてみました。

https://www.youtube.com/watch?v=Yd1997LhYQ8

サンプルコードの実行含め、たった3分でGA4からカンタンにデータが取得できます。

もうGCPでAPIの設定は必要ありません。

GA4のデータをGASで取得したい方は、動画を参考にして実行してみてください。

※ブログ記事でも解説しています↓

https://auto-worker.com/blog/?p=5905

残念ながらAPIで取れない数値も多い…

GA4のAPIをGASからリクエストしやすくなったものの、取得できない指標・ディメンションも多いです。

これは、β版ということもありますが、GA4の開発スピードはUAに比べて遅め(リリース延期多発してた)です。

Googleのエンジニアが実装していくのを気長に待ちましょう。

UAでのGASツールをGA4に置き換え準備

従来版UAではGASでAPIリクエストして、アクセスデータを取得していた方は多いと思います。

残念ながら、ユニバーサルアナリティクスはすでに来年2023年にサービス終了がアナウンス済みです。

残る猶予が1年となったため、GA4でも同様にGASから利用できるよう、置き換えを始めておきましょう。

Discussion

ログインするとコメントできます