🍣

[Vtuber向け]個人で等身大パネルを作る!➁

2022/12/02に公開約2,100字

こんにちは。
朱護重工の山口です。

等身大パネルの記事の続きです。いよいよ発注を進めていきます。

この記事は「Vtuber何でも Advent Calendar 2022」の2日目の記事です。
https://adventar.org/calendars/7909

【目次】

  • 目標の確認:記事➀
  • リサーチ:記事➀
  • 発注:記事➁→これ
  • 届いた後:記事➂
  • オフラインイベントで利用:記事➂
  • まとめ:記事➂

発注

印刷会社も印刷するパネルの仕様も決めたので、いざ発注を進めていきます。

ページ見てもわからない

発注と思った矢先に、注文ページを見てもよくわからない!チラシやフライヤーは定型サイズなので特に迷うことはありません。

ただ、等身大パネルの場合、サイズ指定がどう入力すればいいのか分かりませんでした。
特に今回はデータを先方作成で依頼するため、発注サイズが分からないという状況になります。

事前の問い合わせ

迷ったときは問い合わせから聞いてみよう。

そういうことで、納期とサイズ、入稿データについて問い合わせフォームに投げてみました。

すごい雑に問い合わせしてしまったのですが、すごい丁寧に回答をいただけました。
下記のような印刷する立ち絵と大まかなカットイメージを添えたので非常にスムーズでした。

問い合わせの回答で下記を明確に回答いただけました。
・発注フォームに入力するサイズ
・具体的な納期(いつ入稿するいつ届くか)
・カットラインについて

カットラインについて

↑で大まかなカットイメージを添付しましたが、実際の発注時はカットラインが無いデータを入稿くだしいとのことでした。(.aiではないのでそれはそう)

そのため、発注時に背景透過.pngで入稿しました。

注文

問い合わせの回答を元にいざ、実際の発注フォームに入力して発注!

今回は、
・マット合成紙(糊無し)+自立スタンド有り+2つ折り+カットライン作成有り
・仕上がりサイズ:1500mm*796mm(ここは人によって変わるので気を付けて)
で発注しました。

金額

今回依頼した内容だと送料込みで17,361円でした。想像していたよりも安く上がり正直びっくりしました。

市販されているIPの等身大パネルもそこまで高いわけではないですが、生産数が違うため1点物の印刷の場合でも思ったよりも安い金額で発注することができました。

また、今回の発注で4472円分のポイントをもらったので、実質1万3千円で作れました。
例えばポイントを使って、ポスターやパネル、ステッカーを印刷することもできるので、非常にありがたい。

カットライン

カットライン完成後にカット位置を可視化した「仕上がりイメージ」が送られてくるため、データ作成を先方に任せても届くまでカットイメージが分からない。ということはありません。ちょっとしたことだけど、嬉しいポイント。

実際に先方に作っていただいたカットライン。自分で作成した大まかなカットイメージと比べるとやはりプロに任せるべきだなと思いました。
サイズが大きいのでパネル下部を大きめにしたりなどの”いい感じの塩梅”への安心感がすごい。

納期

  • 8/22(月):問い合わせフォームに最初の問い合わせ
  • 8/22(月):フォームから発注(データも入稿)
  • 8/23(火):カットラインの仕上がりイメージ送付
  • 8/27(土):発送完了通知
  • 8/30(火):到着

問い合わせへのレスポンスや、カットライン作成の速度などが迅速で、発注から一週間という驚異の速度で納品されました。

到着!

到着編は明日のアドカレへ続く...

Discussion

ログインするとコメントできます