🦊

いきなりAWS # AWSにサインインしよう

2021/06/27に公開約2,200字

次の記事:権限を確認しよう


AWSにサインインしよう

エミ「なぜ、AWSに無闇にサインインしてはいけないのですか。」

先輩「さぁ、なんでやろね。考えてみ。そういえば、エミさんは、オンプレの経験があったよな。オンプレでも無闇にアクセスしてたんかな。」

エミ「ええと、オンプレのときは...あ、そうだ。本番環境には無闇にアクセスしないように...関係者に事前連絡のうえ、作業時は2名体制以上で...とのルールがありました。」

先輩「せやろね。」

エミ「あ!ということは、AWSも、今からサインインしようとしている環境がなんなのか...事前に確認しておくべきということですね!!」

先輩「そゆことやな。」

エミ「承知いたしましたデス!!」

エミ「先輩!とあるプロジェクトでは、オンプレに本番環境と開発環境が共存していたのですが、AWSではそんなことはありえないのでしょうか。」

先輩「いや、あるで。まぁ、共存ってのはオススメはせんのやけどね。いろんな理由で、どうしても1つのAWSアカウントに詰め込んでしまうことはあるんよ。オススメはせんけど。」

エミ「へー。どうするのがベストなんでしょうか。」

先輩「それについては、これらの記事を読んでみ。エミさんが従事するプロジェクトによって、なにがベストなんか、その都度、自分なりに考えるとええで。」

エミ「承知いたしましたデス!」

https://aws.amazon.com/jp/builders-flash/202007/multi-accounts-best-practice/?awsf.filter-name=*all

https://dev.classmethod.jp/articles/account-and-vpc-dividing-pattern/

・・・エミ、なんの環境かを確認・・・

エミ「先輩!上司さんに確認しました。サインインしようとしている環境は、サンドボックス環境だそうデス。ゆくゆくは開発環境に昇格させる予定だそうで、開発環境になったら管理/運用を任せるから、それまで、先輩にいろいろ教えてもらいなよ!って仰っていました。」

先輩「まぁ、教えんけどな。」

エミ「ひどい!そんなこと言わずにお願いしますよ~。」

先輩「サンドボックス環境ってなにか、わかっとる?」

エミ(ギクッ!)
エミ「わ、わからないので今すぐ調べます!」

・・・エミ、調べる・・・

エミ「先輩、調べましたー!サンドボックス環境というのは...」

先輩「いや、私は知っとるから説明してくれんでええんやで。」

エミ「そ、そうデスよね。。」

先輩「ほんで、サインインしてええ環境なんかな?」

エミ「はい!」

先輩「ほな、サインインしてみよか。」

エミ「はいーーー!」

・・・ようやくサインイン・・・

エミ「これが上司さんからいただいたクレデンシャルです。」

先輩「うん。メモ帳以外のエディタないの?」

エミ「え!?エディタ?あ、な...ないデス。」

先輩「ま、ええわ。自分に合ったテキストエディタ、探しとくとええで。」

エミ「は、はい!」

先輩「あとね、クレデンシャルは無闇に他人に見せん方がええで。」
先輩「今回は、皆さんに見てもらいたいから、まぁええんやけど。」

エミ「あ、はい!気をつけます!!」
エミ(皆さん?)

先輩「Console login link ... https から始まるURLにアクセスしてみ。」

エミ「はい!」

先輩「うん。このサインイン画面までは、さっきもエミさん独りでたどり着けてたな。んじゃ、User name と Password を入力して、サインインしてみ。」

エミ「はい!」

エミ「先輩、パスワードを変更する必要があるみたいデス!」

先輩「うん、変更してください。」

エミ「はい!!」

エミ「うおぉーー!!ついに、AWSにサインインできましたーーー!!!」

先輩「はい、では、この記事はここまでにしよか。」

エミ「はい!ありがとうございました!」
エミ(記事??)


次の記事

https://zenn.dev/yamadayu/articles/8d98ce6df96396

Discussion

ログインするとコメントできます