😆

【JavaScript】someメソッドとは(備忘録)

2023/01/08に公開

1.some()メソッドとは

配列内のいずれかの要素が、条件に合致しているかを判定する際に使用します。
戻り値は、trueかfalseです。

someメソッドの文法
 配列名.some(コールバック関数)

2.サンプルプログラム

〇例1

Sample.js
const array = [1, 2, 3, 4, 5];

// 配列の要素に2の倍数が存在するか
const result = (value) => value % 2 === 0;
console.log(array.some(result));
実行結果
  true

〇例2

Sample.js
const array = [1, 2, 3, 4, 5];

// 配列の要素に6以上の値が存在するか
const result = (value) => value >= 6;
console.log(array.some(result));
実行結果
  false

〇例3(return文を使用)

Sample.js
const array = [1, 2, 3, 4, 5];

// 配列の要素に2の倍数が存在するか
const result = array.some(function(value){
	return value % 2 === 0;
});
console.log(result);
実行結果
  true

〇例4(return文を忘れた場合)

Sample.js
const array = [1, 2, 3, 4, 5];

// 配列の要素に2の倍数が存在するか
const result = array.some(function(value){
	value % 2 === 0;
});
console.log(result);
実行結果
  false

注意:
return文を忘れると、期待結果とは異なる結果が戻ってきます。
return文の書き忘れには注意しましょう。

3.その他

〇参考
some()メソッドとは

Discussion

ログインするとコメントできます