😎

Microsoft Azure つかいはじめメモ

1 min read

この記事、多分内容が古いと思います。

はじめて使ったのでやった設定をメモする

無料枠があったので、使ってみることにした。

とりあえず起動したのは、階層:Standard の A1 インスタンス(8000/月)

リモートデスクトップ接続まで

とりあえず、Virtual Machine を作成して起動させる。

起動後に Web の管理画面に表示されている IP アドレスにリモートデスクトップ接続する。

リモートデスクトップ接続はインターネット側から見ると NAT されているため、ポート番号を Web の管理画面のエンドポイント欄から確認する必要がある。

リモートデスクトップ接続したが英語表示なので日本語にする

コントロールパネル →Languages→Add で日本語を追加。

追加された「日本語」の右側にある Options を押して、Windows Display Language の下の "Checking..." が "Download and Install language pack" に変わるまで待つ。

変わったら、それをクリックすると自動的にランゲージパックをダウンロード&インストールしてくれるので、じっくりと待つ。(結構長いどころかかなり長い)

完了後、先ほど Download and Install.. となっていたところが、Make primary language  的な

表示に変わっているので、それをクリックして、サインアウト(するか聞かれる)すると次から日本語 UI になる。

その他

・C:ドライブと D:ドライブがあるが、D:ドライブのルートにある README の通り、D ドライブの内容は保持されない。(普通に再起動であれば保持されていたけれども)

・A1 インスタンス等だとディスク IO がだいぶ制限されているのでセットアップに割と時間がかかる。

Discussion

ログインするとコメントできます