Closed2

OpenAPIドキュメントを基にMockサーバを立てる検討

mockサーバをたてる場所

  • 結論
    • ローカル
  • 候補
    • ローカル
    • リモート
    • API Gateway
  • 検討(デメリットで比較、メリットはデメリットの逆)
    • ローカル
      • 各メンバが初期構築する必要がある
      • コンテナ化しても良さそう
    • リモート
      • 初期構築が若干手間、デプロイの手間もある
    • API Gateway

使用ツール候補

ポートの問題

発生した事象

prism mock -p 8080 openapi.yml

で起動する。

http://127.0.0.1:8080/api/hogeではMockサーバにアクセスできるが、http://localhost:8080/api/hogeではアクセスできない。

原因

APIサーバのDockerコンテナが8080を使っていた

思い込み

APIサーバのDockerコンテナでアプリを起動したら8080が使われるかと思っていた。
実際には、コンテナ起動時点で使っていた

expose:
  - "8080"

/etc/hosts127.0.0.1 localhostを指定しなくてもアクセスできる。
最初指定していないのが原因かと思った。。

このスクラップは5ヶ月前にクローズされました
作成者以外のコメントは許可されていません