doccanoをCloud Runにデプロイして複数人で利用できる環境を構築する

2 min read読了の目安(約1800字

概要

doccanoはOSSで開発されている自然言語処理向けのアノテーションツールです。この記事では、doccanoをCloud Run上にデプロイして、複数人が異なる環境からアクセスしてアノテーション作業を行えるような環境を構築します。

方法

DoccanoレポジトリのOne-click Deploymentからデプロイ

doccanoのGitHubレポジトリには「One-click Deployment」という項目があり、AWSやGCPなどのクラウド環境にデプロイできるボタンが提供されています。今回はこのボタン経由でサービスを作成します。

https://github.com/doccano/doccano#one-click-deployment

なお、上記ボタンにも注釈がありますが、このボタン経由で起動するdoccanoはDockerバージョンであり、あまり大量のユーザが同時に利用しない小さなチーム向けの設定です。Docker Composeで起動するものとはバックエンドのDBの種類が異なります(sqlite/PostgreSQL)

Cloud Shell Editorで環境設定

Cloud Runのボタンを押すと、ブラウザ上でCloud Shell Editorが起動しインストールが始まります。この処理の途中にGCPプロジェクトやユーザ情報等の設定を聞かれるので、下記のように自身の環境に合わせて設定します。

key value
Choose a project to deploy this application your-project (自分のGCPプロジェクト)
Choose a region to deploy this application asia-northeast1 (任意の起動するリージョン)
ADMIN_USERNAME admin (任意の名前)
ADMIN_PASSWORD password (任意のパスワード)
ADMIN_CONTACT_EMAIL admin@example.com (任意のメールアドレス)
DATABASE_URL sqlite:////data/doccano.db
DEBUG false(何も入力せずエンターを押す)

doccanoのビルドやデプロイには数分ほど時間がかかります。問題なく起動すると、コンソール画面の最後にデプロイされたdoccanoのURLが表示されます。

[ ✓ ] Your application is now live here:
        https://doccano-hogehoge.a.run.app

また、GCP consoleのCloud Runのサービス一覧からも、doccanoという名前でサービスが立ち上がっていることが確認できます。

doccanoにアクセスする

これで設定は完了です。ブラウザで上記のURLにアクセスすると、doccanoにアクセスすることができます。

あとはadminのページからアノテーターごとにアカウンントを発行しURLとともに配布すれば、複数人でのアノテーション環境構築は完了です(参考)。

参考