🐥

Debian bullseye Early Access

commits5 min read





要約

Debian 11 Bullseye のインストーラを試す方法です。これは記録です。

usb memory stick を使って、Ryzen 7の入った、Lenovo M75t gen2 へインストールします。

AMDのRyzenを使っているひとは、Debian bullseye installer を使うと新しめのカーネルを
つかってインストールできるので、Ryzen/Ryzen APU/GPUの対応が進んでおり、使う価値があると考えます。

これを書いている段階では、Kernel 5.10.0-4 がインストールされます。内容は試した
時期によって変わることがあります。

はじめに

作業をやった部分から、更新します。

この文章を書いた動機

Debian installer をテスト時、まごつかないようにドキュメントを整備する。

自分がやったことを他人にも試してもらうため。

この文章はだれ向けか

Linux のコンソールを使っている。かつ Debian installer のテストをしたい人。Install時から新しめのカーネルを使って Ryzen を動かしたい人

この文書の読み方

つかったもの

PC

Lenovo M75t gen 2 Ryzen 7

secure boot

enabled

手順

概略の手順として、下記の順番になります。

  1. isoのダウンロード
  2. usb memory stick の用意
  3. usb へ iso イメージを書き込む。
  4. usb から boot するように、bios を設定してreboot
  5. installer を実行

installer を実行した後に、今回のスペシャルメニューとして
ibus-mozc をインストールすると、自動的に日本語が入力
可能になるかを試します。

上記は、Debian の Default、Gnome が、絵文字を使うためパッケージが追加されたので、ibus が必須となったためです。

Gnome 以外をインストールして、日本語環境を設定したり、Gnome でも自分で日本語環境を im-conrfig などを使って設定できるなら、べつに好きな方法を使えば良い。

あくまでも既定値でインストールしたとき日本語がはいらない。というのを救う手段なので。

isoのダウンロード

Index of /cdimage/weekly-builds/amd64/iso-dvd から、iso イメージをダウンロードします。でかいので、ぼちぼちどうぞ。

usb memory stick の用意

上記の DVD image が、3.7Gなんで、それより大きい usb memory stick を用意します。最近は安価に出回っているので、中身を潰してもいいヤツを確保してください。

usb へ iso image を書き込む

注意 usb memory の中身を上書きします。

確認方法

Linux マシンでの確認方法

usb memory stick を linux machine にさして、 dmesg を確認して、/dev/sdX のxが何に割当たっているか確認します。ここを間違えると、正常な機器をぶっ壊すことになるので、指差し呼称をして確認するぐらいの慎重さがいるでしょう。

usb meory stick をぶっ刺してから sudo dmesg すると

下記のようなメッセージが、出ているはずです。

[97646.998501] usb-storage 4-1.1:1.0: USB Mass Storage device detected
[97646.999332] scsi host5: usb-storage 4-1.1:1.0
[97648.191812] scsi 5:0:0:0: Direct-Access     I-O DATA USB Flash Disk   1100 PQ: 0 ANSI: 6
[97648.192778] sd 5:0:0:0: Attached scsi generic sg3 type 0
[97648.193966] sd 5:0:0:0: [sdd] 15694656 512-byte logical blocks: (8.04 GB/7.48 GiB)
[97648.194630] sd 5:0:0:0: [sdd] Write Protect is off
[97648.194636] sd 5:0:0:0: [sdd] Mode Sense: 22 00 00 00
[97648.195299] sd 5:0:0:0: [sdd] Write cache: disabled, read cache: enabled, doesn't support DPO or FUA
[97648.210616]  sdd: sdd1 sdd2
[97648.214339] sd 5:0:0:0: [sdd] Attached SCSI removable disk

書き込み


$sudo cp path/to/debian-testing-amd64-DVD-1.iso /dev/sdX

で書き込みます。

ネットでは様々な方法で書き込む方法が掲示してあります。ここではDebianの前バージョン buster におけるインストール方法で書いている方法を使いました。[1]

上記の情報から、下記になります。あなたの環境はわたしと違います。コピペ実行しないで

間違えて書き込むと書き込んだ先のデータが潰れます。

sudo  cp /home/yabuki/Downloads/debian-testing-amd64-DVD-1.iso /dev/sdd

素っ気なく、なにもメッセージがでることなく、終わります。書き込みが無事に全部終わっているか確認すべく、sync コマンドを実行しておくのが良いでしょう。
心配性のひとは、accessランプがついた、usb memory stick を使うといいでしょう。

わたしは、CPコマンドが帰ってから、sync を三回実行します。

そして、おもむろに usb を引っこ抜いて、Lenovo M75t gen 2 にさします。

usbからbootするように、biosを変更する。

F1を使う作法や、DELを使う作法などありますが、Lenovo M75t gen 2 は F1 でした。ユーザマニュアルを見ましょう。[2]

install

とくに、初期状態だと、日本語を選択したあとは、マシン名とか、rootやユーザ設定をするぐらい。

ディスクの切り方にこだわりがあるなら、好きなように切ってください。

わたしは HDDとM2 を積んでいるので、/ は btrfs とした。
swap はHDDに置きました。SWAPすると負け前提です。

その他はとくに気にならなかった。 secure boot も on 設定のままでした。

しかし、bios を変更せずに、インストール後 boot した。

desktop とかも、わざとdefault 設定のまま、gnome でやった。

追加でやったこと

Gnome を選択したので、ログインしたら当然gnomeがあがってくる。

sudo の設定はせずに root を有効にしていたため、su - したい。

Gnome検索で term を入力すると gnome-terminal? が選べる

そのターミナルで、su -する。

そのあとapt update;apt install ibus-mozc を実行する。DVDを入れろといわれるので、もうネットワークにつながっているなら、

vi /etc/apt/source.istを実行し、DVDの参照をやめてしまおう。

apt lineが、初期値では main のみになので、必要に応じて contrib や non-free を追加する。

ログアウトして、ログインしたら gnome-terminal で ibus-mozc が動いているのが確認できる。

ちなみに、つないだキーボードがHHK Professional でした。漢字キーを探すのが面倒で、全部GUIで日本語入力をonにしました。使い込むなら、このへんも ibus-setup あたりで確認して設定するのでしょうね。

別の記事でやる予定

下記のリストは、別の記事でやる予定です。

  • 画面解像度を変える
  • 自分が主に使っている i3wm へ変更方法
  • NICOLA(親指シフト)入力が恋しいので、その設定方法

参考にしたドキュメントたち

参考にしたドキュメントは、footnote に番号で対応付けてあります。

謝辞

2021-03-22 に開催された、Debian 勉強会にて、情報を頂いた各位

さいごに

件名 日付
記事を書いた日 2021-03-21
記事を変更した日 ----------

上記は、この記事の鮮度を判断する一助のために書き手が載せたものです。

詳細な変更履歴は、 GitHub - yabuki/friendly-potato: zenn-contents を参照してください。

記事に対するTypoの指摘などは、pull reqをしてもらえるとありがたいです。受け入れるかどうかは、差分とPull reqの文章で判断いたします。

脚注
  1. Debian GNU/Linux インストールガイド の 「4.3 USB メモリでの起動用ファイルの準備」 ↩︎

  2. m75t_gen2_ug_ja.pdf ↩︎

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます