📝

VSCode + VSNote + Hugoでより快適にmarkdownを書くためのテンプレート設定

3 min read

背景

  • VSCodeとVSNote拡張を使ってmarkdown形式でノートを書いている。
  • 作成したmarkdownファイルを静的サイトジェネレータ(デフォルトHugo)でWeb化して外から閲覧できるようにしたい。
  • VSNoteで新規ノートを作成する際にHugoに合わせて複数のテンプレートを利用したい

ビフォーアフター

VSCodeからVSNotes:Create New Noteを実行した直後の状態。

Before(初期状態)

---
tags:
  -
---

After(一例)

---
title: ファイル名
date: 2020-01-05
tags:
  - blog
  - WIP
  - {カーソル位置がここからはじまる} 
---
{タブストップ}

VSNote用のコードスニペットの作成

markdown用のスニペットを追加

macの場合、以下のように選択してmarkdown用のスニペットを編集する。
VSCode > Code > Preferences > User Snipets > markdown

VSCode内にmarkdown.jsが開かれるので以下のようにスニペットを記述する。

markdown.js
"vsnote_template_blog": {
	"prefix": "vsnote_template_blog",
	"body": [
		"---",
		"title: $TM_FILENAME_BASE",
		"date: $CURRENT_YEAR-$CURRENT_MONTH-$CURRENT_DATE",
		"tags:",
		"  - blog",
		"  - WIP",
		"  - $1",
		"---",
		"$2",
	],
	"description": "Template for blog",
},

スニペット内の記法について

prefixにはVSCodeから利用するためにvsnote_templateを先頭につけること。

スニペット内ではSnippets in Visual Studio Code
にある通り日付やファイル名,タブストップなどを埋め込むことができる。

よく使うもの

記述 機能
$1,$2, ... タブストップ
$CURRENT_YEAR 現在の年
$CURRENT_MONTH 現在の月
$CURRENT_DATE 現在の日
$TM_FILE_NAME_BASE ファイル名(拡張子除く)

私のsnipet例

上のスニペットを作るために以下を設定

  • titleタグを追加してファイル名を変数からセット(Hugoで記事タイトルとして利用される)
  • dateタグを追加して作成時点の日付を変数からセット(Hugoで記事の作成日として利用される)
  • tagsにblog, WIPを追加
  • 追加タグ入力ためtagsの最終行$1にカーソルを合わせる
  • 本文入力用のタブストップ$2を追加

VSNoteにテンプレートを設定

テンプレート一覧への追加

Preference > Settings >VSNotes:Templates
と選択してAdd Itemボタンをクリック。テンプレート名を入力する。
この時入力するテンプレート名は作成したコードスニペット(vsnote_template_XXX)からvsnote_template_を除いた部分とする。
この記事の例の場合テンプレート名はmydefaultとなる。

テンプレート設定とスニペットの作成が正しくできていれば、VSNoteで新規ノート作成時にテンプレートの選択肢が表示され、ノート作成時にテンプレートに対応するコードスニペットが実行される。

デフォルトテンプレートの設定

settings.jsonを開く(Preference > Settings > Vsnotes: Default Snippet)
settings.jsonに以下のような記述を追加する。

	"vsnotes.defaultSnippet": {
		"langId": "markdown",
		"name": "vsnote_template_mydefault"
	},

langIdはmarkdown、nameはデフォルトに割り当てたいコードスニペットを指定する。

正しく設定できていれば、新規ノート作成時にテンプレートを選択肢なかった場合はデフォルトテンプレートが実行される。

参考