🖇️

PrivateLinkのNLB紐付け変更

2022/03/17に公開約900字

事象

エンドポイントサービスにNLBがすでに紐づいている場合にNLBを変更したい。
エンドポイント接続リクエストを却下していないとエラーが出る。

The following Network Load Balancers still have existing VPC Endpoint connections and cannot be removed:[arn:~~~]

変更手順

エンドポイント接続リクエストの却下

1.対象のエンドポイントサービス>エンドポイント接続タブを押下し、エンドポイント ID を選択する。

2.アクションから [ エンドポイント接続リクエストの却下 ] を選択する。

3.確認画面が出るため内容を確認し、[ 却下 ] ボタンを押下する。

4.[ エンドポイント接続 ] タブを確認すると、エンドポイント ID のステータスが Rejected となる。

NLB の関連付けを変更

1.対象のエンドポイントサービスにて [ ロードバランサー ] タブを押下し、[ ロードバランサーの関連付け/関連付け解除 ] ボタンを押下する。

2.ロードバランサーを変更し、 [ 変更を保存 ] ボタンを押下する。

3.[ ロードバランサー ] タブにて、ロードバランサーが変更されていることを確認する。

エンドポイント接続リクエストの承認

1.対象のエンドポイントサービスにて [ エンドポイント接続 ] タブを押下し、エンドポイント ID を選択する。

2.アクションから [ エンドポイント接続リクエストの承諾 ] を選択する。

3.確認画面が出るため内容を確認し、[ 承諾 ] ボタンを押下する。

4.[ エンドポイント接続 ] タブを確認すると、エンドポイント ID のステータスが Available となる。

参考リンク

エンドポイントサービスにエンドポイントがアタッチされている場合、ロードバランサーの関連付けを解除することはできません。

出典:ロードバランサーと承諾設定を変更する

Discussion

ログインするとコメントできます