Flutter 開発に役立つコマンドライン一覧

2 min読了の目安(約2200字TECH技術記事

Flutter コマンドライン一覧

コマンド サブコマンド 詳細
flutter doctor インストールされているツールに関する情報を表示します
flutter version フラッターバージョンを一覧表示または切り替えます
flutter upgrade Flutterのコピーをアップグレードします
flutter downgrade Flutterを現在のチャンネルの最後のアクティブバージョンにダウングレードします
flutter test 現在のプロジェクトのFlutterユニットテストを実行します
flutter build Flutterビルドコマンド
aar AARおよびPOMファイルを含むリポジトリを構築します
aot アプリのDartコードの事前コンパイル済みスナップショットを作成します
apk アプリからAndroidAPKファイルを作成します
appbundle アプリからAndroidAppBundleファイルを作成します
bundle アプリからFlutterアセットディレクトリを構築します
ios iOSアプリケーションバンドルをビルドします(Mac OS Xホストのみ)
ios-framework Flutterモジュールとそのプラグイン用の.frameworkディレクトリを作成して、既存のプレーンなXcodeプロジェクトに統合します
flutter run 接続されたデバイスでFlutterアプリを実行します
flutter pub Flutterパッケージを管理するためのコマンド
flutter channel フラッターチャンネルを一覧表示または切り替えます
flutter clean build /および.dart_tool /ディレクトリを削除します
flutter create 新しいFlutterプロジェクトを作成します
flutter install 接続されたデバイスにFlutterアプリをインストールします
flutter analyze プロジェクトのダートコードを分析します
flutter assemble フラッターリソースを組み立てて構築します
flutter attach 実行中のアプリケーションにアタッチします
flutter bash-completion コマンドラインシェル完了セットアップスクリプトを出力します
flutter config Flutter設定を構成します
flutter devices 接続されているすべてのデバイスを一覧表示します
flutter drive 現在のプロジェクトのFlutterDriverテストを実行します
flutter emulators エミュレーターをリスト、起動、作成します
flutter format 1つ以上のダーツファイルをフォーマットします
flutter generate コードジェネレーターを実行します
flutter logs Flutterアプリを実行するためのログ出力を表示します
flutter precache Flutterツールのバイナリアーティファクトのキャッシュにデータを入力します
flutter screenshot 接続されたデバイスからスクリーンショットを撮ります
flutter symbolize AOTでコンパイルされたフラッターアプリケーションからのスタックトレースを象徴します

各種コマンド詳細について

--helpオプションを各種コマンドの後ろにつけることで詳細を閲覧できるみたいです
本記事もhelpオプションの出力を元に作成していいます。

各コマンドごとに詳細なオプション等も追記しようと考えたのですが膨大な量となり
使用頻度の高いコマンドを可読性に欠けてしまいそうでしたので後々更新していきます。