🔥

Laravel プロジェクトを作った時、500 Server Error が発生するのを直す

1 min read

Laravel プロジェクトを作った時に発生する 500 Server Error の直し方

エラー内容

composer create-project コマンドまたは laravel new コマンドを使って Laravel のプロジェクトを作成します。
作成したプロジェクトに移動して、 php artisan serve を実行すると Server Error が発生します。

$ composer create-project --prefer-dist laravel/laravel hogehoge
$ cd hogehoge
$ php artisan serve

エラー原因と解決方法

Laravel はデフォルトで .env ファイルから環境設定を取得します。プロジェクトを作ったばかりだと、このファイルが無いのでエラーが発生しています。
解決方法は以下の通りです。

  1. .env.example ファイルをコピーして .env ファイルを作成する
$ cp .env.example .env

ただ、これだけだと次のようなエラーが発生します。

表示されているように暗号化用のキーが無いと怒られているので、次のコマンドを実行します。

  1. php artisan key:generate を実行する

上記コマンドを実行すると .env ファイルの APP_KEY に値が設定され、Laravel プロジェクトが正しく動作するようになります。

Appendix

Laravel はデフォルトで .env から読み込むと説明しました。この読み込むファイルを変えるには実行時に --env 引数を付ければ読み込む環境設定ファイルを変える事ができます。
これを利用すると、テスト時の設定を簡単に変える事ができます。

$ ls
.env.example .env
$ php artisan serve --env=example

Discussion

ログインするとコメントできます