🤫

Visual Studio で launchsettings.json を生成させない方法

1 min read

TL;DR

csproj<PropertyGroup> セクションに下記をコピペ

<NoDefaultLaunchSettingsFile>true</NoDefaultLaunchSettingsFile>

背景

.NET 5 のソリューションを Visual Studio で開くと,各プロジェクトに対して launchsettings.json が自動で生成されます.
webアプリなど,launchsettings.json を利用するプロジェクトの場合は良いのですが,ライブラリプロジェクトなど, launchsettings.json を使わないプロジェクトでは余計な差分が出てしまい,あまり開発体験がよくありません.
最初に Rider などでプロジェクトを作成して開発を進めていた場合, Visual Studio で開発しようとしたときに初めてこの差分に遭遇するので,ストレスに感じました.

対応

launchsettings.json をコミットしてしまう,あるいは gitignore で無視するというのも手ですが,

csproj<PropertyGroup> セクションに

<NoDefaultLaunchSettingsFile>true</NoDefaultLaunchSettingsFile>

を追記することで,余計な launchsettings.json ファイルの作成を抑制できます.

Discussion

ログインするとコメントできます