アパマンエンジニアの憂鬱

1 min読了の目安(約1500字IDEAアイデア記事

思い通りにテレワークできてますか?

はじめに

まだこの答えは出ていません
よいアイデアがあればシェアしたいです

家が狭い問題

アパート・マンションだから狭いわけではないので一概に一括りにすると文句が出そうですが
つまり自宅で満足なテレワークができる環境がない人を想定した話です
→広さというよりいつでも仕事できる自分だけのエリアがあるかどうかというところですね

何が問題なのか

主に環境音としゃべれる環境かどうかの2点です
そもそも3LDKに2人以上暮らしてたら自分の部屋を持つことは現実的ではないと思います

環境音はある程度抑制できる

そう、いい機材を買えばね😇

残念ながら不可抗力なので制御はできません
窓を閉めていたって外の音は入ってきますし、家の中の音も無視できません
我が家の場合は隣が小学校のグラウンドなので日中は元気な声や放送が聞こえます

外の音はさすがに無音にはできませんが、よい機材ならある程度の雑音はカットされます

今すぐ話できる?

家の中の音は同居人にも左右されます
子供が泣いているかもしれないし、兄弟げんかしているかもしれない、犬が吠えているかもしれない
人はいろいろな音の中で生活しているので、相手に迷惑にならないようにするのは難しいです
みんながみんな自分の部屋を持っているわけでもない
(散らかった部屋は背景の変更でごまかせるかも😄)

閉じこもれる部屋を持っていれば問題はほぼ解決されますが・・

いつやるか、いつできるのか

さらに生活スタイルにも左右されるので簡単ではないです

打ち合わせが長引いてみんなと一緒に夕飯が食べられない!とか
散歩の時間なのに話をしていて犬が粗相をした!とか
子供を寝かしつけているから電話に出られない!とか
部屋を暗くする必要があるからカメラ使えない!とか

そもそもテレワークには大賛成なのに、家にはネガティブな要素が満載だったりします

家で仕事するからといって、すべてを自分の仕事中心にできるわけではない・・

20時からの勉強会出たいがお風呂入らなきゃ・・とか
このイベントには参加したいが21時からだ・・とか
別の場所にいれば影響されないのに、同じ空間に誰かいたら”一緒に行動しない”という選択肢が減っていきます
仕事じゃなくても涙を飲むパターンはあるのではないでしょうか

で、結局何も解決できないんじゃ?

これを買えば!とか、この方法なら!みたいな決定版があればもう世の中は困っていないはずなので、首の後ろにケーブルを挿す時代になるまでは我慢するしかないかもしれません

今すぐできるのは、家人の協力と理解を得て環境を整えること
打ち合わせの時間に合わせて部屋を貸切にしてもらうとか、子供と遊ぶ時間をずらすとか、お互い譲歩しながらこの時代の働き方を模索していきましょう

近所にコワーキングスペースがあるならそこに投資するのもありです(個室じゃないと話も難しいのでむしろ選択肢に入らないのかも)

そして何より、そんな状況を理解してくれる、それを認めあえる仲間とともに仕事をしよう
子供が泣いていたら心配してくれる、宅急便が来たら待ってくれる、猫が飛び込んできてカメラを倒しても笑ってくれる
そんな優しい世界で働きたいものです

*お客様との本当に大事な打ち合わせをするなら生活空間を使うより外の専用スペースに移動するのがよいと思います

そんなわけで、みなさんどうされているのか気になります
黙って一人で作業している分には何も困らないのですが、背景大丈夫かなとか余計な周りの音拾ってないかなとか気になるのは気にしすぎなのかなー
時々チーム内でチェックし合うのがいいかもですね