ZennとGitHubと連携してみたけれど

1 min read読了の目安(約600字

ZennとGitHubを連携してみた

リポジトリがドキュメントの倉庫になる感じでとてもよいです
Gitと連携するのはとても簡単でなるほどなーーーと納得

ですが、自分の運用スタイルに合わせると致命的な欠点が・・・
・Webで完結できない
 →ブラウザだけで済まないのが非常にめんどくさかったかです
 いつでもどこでもどんなデバイスでも記事を書きたいし記録したい、メモしたい
・ファイル名がなぁ
 →キーになるのはわかるけど、リポジトリ単品で見たときに謎すぎる
 自分で命名するのはあまりにも面倒だし・・・12文字以上・・・

特に、自宅と会社とそれ以外で考えても、3か所で使うデバイスもスタイルもまるで違うので
ブラウザ一つで終わらないのはすっきりしない・・オフラインの強みはあるけれど
コミットログ書いてPushして・・・のサイクルの手間は省きたいきもち
(Webで編集してしまうとリポジトリ管理の良さがなくなってしまうし)

もちろん、いいこともたくさんあって
GitHubに残るからなくさない、編集履歴残る、オフラインで編集できる・・
ただ今回はちょっとメリットを上回れなかった

そんなわけで、一旦リポジトリ連携を止めてみてしばらく運用してみることにする
気が向いたらまた元に戻してみよう

Zennはとてもスマートで書き心地も悪くないのでしばらく使ってみようと思う
あとは自分のスタイルにどう合わせられるかだなー