PHP_CodeSnifferのルールを作ってみる

4 min read読了の目安(約4400字

はじめに

CodeSnifferを導入するときにはプリセットのルールやWeb上で公開されているルールを使うことがほとんどだと思います。

しかしいい感じのルールがなくて困ってつくろうとしてもどうやっていいかわからないと思います。

簡単なルールなら自分で作れるようにしてしまいましょう。

この記事ではアロー関数のルールを作成します。fnキーワードのあとに空白をいれるとエラーにします。

// OK
fn() => 1;
// NG
fn () => 2;

(PSRにアロー関数のコーディング規約がなく自作しようと思ったのがきっかけです。)

公式でチュートリアル的な記事もあるのでそちらを踏襲しながら進めたいと思います。

https://github.com/squizlabs/PHP_CodeSniffer/wiki/Coding-Standard-Tutorial

GitHubに成果物をあげてます。

https://github.com/wim-web/my_code_sniffer

自作してみる

ディレクトリ構成

MyStandard/ にファイルなどを配置していきます。 MyStandard の名前はなんでも大丈夫です。

MyStandard
├── Sniffs
│     └── ArrowFunction
│            └── DisallowSpaceAfterFnKeywordSniff.php
└── ruleset.xml

MyStandard/ 直下に ruleset.xml ファイルと Sniffs ディレクトリがあり必須になります。

Sniffs 直下にPHPファイルを置くこともできますが、カテゴライズのためにディレクトリを切って(今回でいう ArrowFunction ディレクトリ) 配置するほうがいいとおもいます。

ruleset.xml

今回作成するルールセットの設定を書きます。

必要最低限のルールセットの名前と説明だけになっています。

<?xml version="1.0"?>
<ruleset name="MyStandard">
  <description>A custom coding standard.</description>
</ruleset>

Sniffファイル

DisallowSpaceAfterFnKeywordSniff.php が実際に処理を行うファイルになります。

<?php

/**
 *
 * PHP version 5
 *
 * @category  PHP
 * @package   PHP_CodeSniffer
 */

namespace Wim\Sniffs\ArrowFunction;

use PHP_CodeSniffer\Sniffs\Sniff;
use PHP_CodeSniffer\Files\File;

class DisallowSpaceAfterFnKeywordSniff implements Sniff
{
    /**
     * @return array(int)
     */
    public function register()
    {
        return array(T_FN);
    }

    public function process(File $phpcsFile, $stackPtr)
    {
        $tokens = $phpcsFile->getTokens();
        $nextToken = $tokens[$stackPtr + 1];

        if ($nextToken['content'] !== '(') {
            $error = 'Disallow space after fn';
            $fix = $phpcsFile->addFixableError($error, $stackPtr + 1, 'Found');

            if ($fix) {
                $phpcsFile->fixer->replaceToken($stackPtr + 1, '');
            }
        }
    }
}

PHP_CodeSniffer\Sniffs\Sniff をimplementsしなければいけません。このインターフェイスには registerprocess メソッドを持っています。

register メソッドに処理したいトークンを登録します(パーサトークンの一覧)。この登録したトークンがファイル内で見つかったときに process メソッドが実行されます。

今回はfnキーワードに対するトークンを登録しています。こうすることでCodeSnifferがファイルを解析したときにfnキーワードがあると process メソッドを実行してくれます。

process メソッド内の解説をしていきます。

$tokens = $phpcsFile->getTokens(); で解析中のファイルの全トークンを取得できます。

$stackPtr に現在のトークンのindexが入っているので、 $tokens[$stackPtr] で現在のトークンを取得できます。

array(14) {
  ["code"]=>
  int(346)
  ["type"]=>
  string(4) "T_FN"
  ["content"]=>
  string(2) "fn"
  ["line"]=>
  int(2)
  ["column"]=>
  int(10)
  ["length"]=>
  int(2)
  ["level"]=>
  int(0)
  ["conditions"]=>
  array(0) {
  }
  ["scope_condition"]=>
  int(5)
  ["scope_opener"]=>
  int(10)
  ["scope_closer"]=>
  int(13)
  ["parenthesis_owner"]=>
  int(5)
  ["parenthesis_opener"]=>
  int(6)
  ["parenthesis_closer"]=>
  int(8)
}

register でfnトークン時に process が実行されるので、現在のトークンはfnを表すものになっています。

今回の目的はfnキーワードと括弧の間になにもいれたくないので次のトークンが ( であるかどうかを判断すればよさそうです。

// OK
fn() => 1;
// NG
fn () => 2;

if文でfnの次のトークンが ( 以外だった場合エラーにする処理を書きます。

if ($nextToken['content'] !== '(') {
    $error = 'Disallow space after fn';
    $fix = $phpcsFile->addFixableError($error, $stackPtr + 1, 'Found');

    if ($fix) {
        $phpcsFile->fixer->replaceToken($stackPtr + 1, '');
    }
}

$phpcsFile->addError() メソッドをつかってエラーメッセージを追加していきます。

今回使用しているメソッドは $phpcsFile->addFixableError() で、こちらのメソッドを使用すると phpcbf で自動修正できるようになります。

第一引数にエラーメッセージ、第二引数にエラーの箇所、第三引数は()内のメッセージの最後にくっつきます。

-------------------------------------------------------------------------------
FOUND 1 ERROR AFFECTING 1 LINE
-------------------------------------------------------------------------------
 18 | ERROR | [x] Disallow space after fn
    |       |     (Wim.ArrowFunction.DisallowSpaceAfterFnKeyword.Found)
-------------------------------------------------------------------------------
PHPCBF CAN FIX THE 1 MARKED SNIFF VIOLATIONS AUTOMATICALLY
-------------------------------------------------------------------------------

addFixableError の返り値で phpcs or phpcbf を判定しているので、 true のときに自動整形の処理を書きます。

if ($fix) {
    $phpcsFile->fixer->replaceToken($stackPtr + 1, '');
}

今回はシンプルに次のトークン(空白想定)を空に置き換えています。こうすることで自動整形時に空白が取り除かれます。

以上でルールを自作できたのでルールを指定して実行すればルールが適用されるはずです。

phpcs --standard=MyStandard/ruleset.xml <対象ファイル>

あとがき

ルールを自作する際はすでにある近いルールを参考にするのがいいです。

ルールが複雑になるほど処理も複雑になるのでできれば自分で書かずに済ませたいですね。