😊

AWS SSOでOrganization外(External AWS Account)のアカウントにSSOする設定

2 min read

参考

AWS Single Sign-On (AWS SSO) Integration Guide for External AWS Account

設定の流れ

元となるアカウント(起点となるアカウント)をSSO側、外部のアカウントをExternal AWS Accountと表記してあります。

主な流れは SSO側 -> External AWS Account -> SSO側 になります。

SSO側

AWS SSO > アプリケーションから「新規アプリケーションの追加」をクリックします。

アプリケーションカタログでExternal AWS Accountを選択しアプリケーションの追加をクリックします。

add_new_application

表示名はSSOのユーザーポータルで表示されるのでわかりやすい名前で登録してください。
表示名はユニークでなければいけないので、同じアプリケーションで権限を分けたい場合は権限も表示名に含めると良いです。

External AWS Account service only supports one IAM Role attribute mapping per application instance. So, you would have to create multiple External AWS Account application instances to use multiple roles.

We suggest that you choose a unique display name if you plan to have more than one of the same application.

application_configuration

セッション期間がデフォルトで1時間になっているので変更したい場合は変更しておきましょう。

AWS SSOメタデータをダウンロードして変更の保存をします。

External AWS Account側

IAM > IDプロバイダから「プロバイダを追加」をクリックします。

プロバイダのタイプはSAMLを選択しプロバイダ名を入力後に、さきほどダウンロードしたメタデータをアップロードします。

add_id-provider

次にIAM > ロールからSSOしたときに割り当てたい権限をもつロールを作成していきます。
(カスタムポリシーをアタッチしたい場合は事前に作成しておいてください。)

信頼されたエンティティの種類はSAML 2.0 フェデレーションを選択し、さきほど作成したプロバイダーを選んだあと次のステップにすすんでください。

role_for_provider

あとは普通のロールと同じ要領でポリシーをアタッチしてください。

SSO側

AWS SSO > アプリケーションから属性マッピングタブを選び新規属性マッピングの追加をクリックして以下を参考に空欄を埋めていきます。

  • アプリケーションのユーザー属性: https://aws.amazon.com/SAML/Attributes/Role
  • この文字列値または AWS SSO のユーザー属性にマッピング: arn:aws:iam::ACCOUNTID:saml-provider/SAMLPROVIDERNAME,arn:aws:iam::ACCOUNTID:role/ROLENAME
    • ACCOUNTID: 対象のAWSアカウントのID
    • SAMLPROVIDERNAME: さきほど作成したプロバイダ名
    • ROLENAME: さきほど作成したロール名
  • 形式: unspecified

attribute_mapping

これでSSOの準備ができたので作成したアプリケーションにユーザーやグループを割り当てるとSSOのユーザーポータルに作成したアプリケーションが表示されます。

クリックして対象のAWSアカウントにログインできれば成功です!

Discussion

ログインするとコメントできます