🥑

RubyKaigi 2024 Wrap Party イベントレポート

2024/07/01に公開

こんにちは。WED株式会社人事・PRの福原(@ahuf_wed)です。
STORESさん、マイベストさんと一緒にRubyKaigi 2024のアフターイベントを共催したので、当日の様子を簡単にご紹介します!

Wrap Partyとは?

Wrap Partyは、RubyKaigi 2024のスポンサー3社によるアフターイベントです。RubyKaigi参加者との再会を喜び讃え合うだけでなく、今年沖縄まで足を運べなかった方にも当日の盛り上がりをできる限り伝えたいと思い、オフライン限定のイベントを企画しました。

Rubyを愛する人、中でも以下のような方々にご参加いただけると嬉しいなと考え、開催の1ヶ月ほど前から準備を進めていました。

  • RubyKaigiの余韻に浸りたい人
  • 沖縄が遠くて今年は参加できなかった人
  • 今後RubyKaigiに参加してみたいと思っている人
  • スポンサー企業のモチベーションやブース運営の裏側が気になる人

ちなみに、Warp Partyというイベント名はあまり聞いたことがないと思うのですが、名付けた理由は以下の2つです。

  • Wrapには、映画やテレビ番組の制作に携わった俳優やその他の人々が撮影終了を祝うパーティーという意味がある
  • エンジニアは「OOをWrapする」といった言葉を日頃使うことが多いため、耳に馴染んでるキーワード

他にも、アフターパーティ、後夜祭、crank upなどの候補があったのですが、Warp Partyは他のイベントと被らないだろうし、意味的にも音的にも1番しっくりくるね、というので決定しました!

共催先はどうやって決まった?

この3社でのコラボレーションは初めてだったのですが、共催のきっかけとしては、マイベストCHROの品川さんが私と私の上司と同じ前職という繋がりがあり、WEDからお声がけをしました。

STORESさんとは、iOSDC 2023やDroidKaigi 2023の共催イベントでもご一緒していたので、今回もぜひということでお誘いした流れです。

まさかの大雨でイベント中止の危機

開催前日、一部の地域では警報級の大雨予報が出ており、関東でも夕方までお天気がかなり荒れそうというお天気ニュースが☔️💦

とはいえお天道さまには抗えないので、これもオフラインイベントならではのドキドキ感かと思いながら、しつこいくらいYahoo!の天気予報をチェックしていました(笑)結果的に、イベント開始前には落ち着きそうだったので、予定通りに開催する方向に。はあ、セーフ。

無事イベントスタート

前日からいろんな意味でドキドキ感を味わいながら(笑)なんとか無事にWrap Partyがスタート!司会進行は、STORESの@huinさんが引き受けてくださいました。司会から裏側のサポートまで、いつも本当にありがとうございます。

全体の流れはこんな感じ。LTは1人持ち時間10分で、各社から1名ずつと公募で3名の方にご登壇いただきました。

開始 終了 内容
19:00 19:15 開場
19:15 19:20 オープニング
19:20 20:30 LT①〜⑥(1人10分)
20:30 21:40 懇親会
21:40 21:50 クロージング

各LTへの一言コメント

全部で6つのLT発表があったので、感想をWEDのエンジニアから一言ずつもらってきました!公開されている発表資料と合わせてご紹介します。

LT① RubyKaigiのスポンサー企業でエンジニアとして働くうまみ/ WED @sinora_
WEDの発表パートなので、LTテーマの設定背景を軽く共有しておきます。

  • 他の発表者は技術に関するテーマが多そうだったので、バリエーションを出すためにスポンサーの舞台裏公開をテーマに設定
  • スポンサー企業としてこのコミュニティに貢献するなら、烏滸がましくも我々のようなスポンサー企業をさらに増やし、RubyKaigiをもっと盛り上げることなのでは?であれば、スポンサー経験がない企業のエンジニアが「来年はスポンサーやってみたい!社内に掛け合ってみようかな」と思える内容にできると良さそう

LT② ruby/irbへのコントリビュートと愉快な仲間たち/ STORES @hogelog(東京)
「みんなが使っていそうなものを本気で使ってみたら実はバグやおかしなところがいろいろ見つかる、は本当にあるあるなので、大変共感したとともに、人気のirbに斬り込んで幅広く修正していただいたことをありがたく思いました。」(@knu

LT③ 「RubyでLチカ」に挑戦してみた/ マイベスト@isaka1022
「ソフトウェアエンジニアが興味を持ちつつもなかなか手を出せない、ハードウェア・電子工作という分野がRubyで簡単に書けることを示してくれて、ありそうな失敗を共有してくれたのが大変ありがたかったです。後続にとってとても有益だと思いました。」(@giga_hertz

LT④ Ruby の型に関する活動をやっている話 / Activities related to Ruby types/ euglena1215
「私自身、型について詳しいわけではないが、ISUCONでの事例でGoとの比較などを通してRubyでの型の有用さがより伝わりました。」(@Brocken

LT⑤ RubyKaigi 2024でヘルパーをやってみた話/ Tomoya Chiba
「RubyKaigiの裏側を知れたことが良かったのと、ヘルパーの方は常にインカムつけて忙しそうなイメージだったが、割と自分で時間が選択できそうで、一般参加では物足りない方に向けて大変参考になるLTでした。」(@sinora_

LT⑥ RubyKaigiのプロポーザルを通したい/ toshimaru
「来年のRubyKaigiプロポーザル出してみようかなと思っていたので、プロポーザルの傾向と対策についての話が聞けて、興味深かったです。」(@sorakoro

懇親会はみんなでワイワイ

ここからは写真の方が雰囲気が伝わると思うので、団欒の様子を一部お届けします。

全体の様子はこんな感じ。

各社のステッカー交換?中。

@isaka1022さんのLTで紹介されていたデモ機に、皆さん興味津々。

Ruby仲間たちとの出会いや再会に、あちこちで笑顔が溢れる会場。

私は会場を歩き回って写真を撮ったり、他社のPR担当の方と情報交換をしたりしていました。なんだか同窓会のような温かい雰囲気で、緊張せずとても穏やかな気持ちで時を過ごせました☺️

参加者の皆さんありがとうございました!また来年!

沖縄から戻ってはや1ヶ月。今回のWrap Partyを通して改めてRubyKaigiならではの活気を味わうことができ、もうすでに来年が楽しみで仕方ないです!私は非エンジニアなのに、というと卑屈な言い方かもしれませんが、所属や職種に関わらず誰でも温かく迎え入れるこのコミュニティが大好きです。

運営やオフィス提供などご協力いただいたSTORESさん、マイベストさん。登壇してくださった6名の方々。そして、お足元の悪い中ご参加いただいた皆さま、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!また来年、松山でお会いしましょう〜👋

@sinora_はマイベストさんのオフィスが築地ということで思わず、すしざんまいポーズ🍣👐

WED Engineering Blog

Discussion