Zscript Zplugin 自分用適当まとめ①

1 min read読了の目安(約1400字

経緯

ToruさんのGitHubを参考にZscriptをやろうとしたが,色々考えながらやったので自分用メモ.

本編

Zscriptの主な使い方などはToruさんのGitHubに書かれているのでそちらを参考に.

Zscriptで使われている言語はかなり特殊なものになっている.
基本的に
[(関数名), 引数)]
のような感じになっているらしい.

例えばボタンを実装したいときは

[IButton, "ボタンの名前(多分2bit文字は無理)"]

ビュー上に何か文字を表示したいとき(printf,printのようなもの)は

[Note, "hogehoge"]

[Note, "hogehoge"]
だけだと

のようなエラーが表示されてしまう.
これはZscriptの仕様で,一番外側(上流側?)の[]はTopLevelと呼ばれていて使えるコマンドが決まっているらしい.
そのTopLevelで使えるコマンドの一つがIButtonなので,

[IButton, "name",,
	[Note, "hogehoge"]
]

のようにしておくと「name」というボタンを押したときに「hogehoge」という文字が表示されるようになる.

--

このままだとZscript>Load>Runでしか実行できないので,自分のUIに組み込めるようにする.

[ISubPalette, "Zplugin:wawon"]
//Zpluginにwawonという項目を作る

[IButton, "Zplugin:wawon:hogehoge_Button",,
	[Note, "hogehoge"]
]
//Zpluginのwawonのなかにhogehoge_Buttonという名前のボタンを作り,押すとhogehogeが出力される.

実行するとTXTと同じ名前のzscファイルが同じフォルダ内の生成されるので,それを
C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 2021\ZStartup\Zplugs64
に移しておくと起動時に自動で読み込まれるので,Zpluginの中にある作成したボタンをCtrl+Shift+ドラッグで好きなところに配置すれば良い.

参考

ZBrushのスクリプト Zscriptを書いて動かす - Toru(sassembla)さんのGitHub

http://sassembla.github.io/Public/2018:01:19 22-12-27/2018:01:19 22-12-27.html

NaughtyNote - 希崎葵さんのサイト

https://kizakiaoi.wordpress.com/2020/01/19/zbrush_togglescript/

ZScript Fundamentals - Creating Macros and Plugins - MadInterectiveさんの動画

https://www.youtube.com/watch?v=_1wAuQ3IUf4&feature=youtu.be