AWS EC2で起動したWindows Serverを日本語設定にする

1 min読了の目安(約1200字TECH技術記事

はじめに

AWSのEC2でWindows Serverを利用したときにデフォルトの言語が英語なので日本語に設定しなおしました。

EC2インスタンスの起動

AMIの選択

以下のWindows Server 2019を選択し、次のステップへ

インスタンスタイプの選択

無料枠の「t2.micro」を選択し、次のステップへ

インスタンスの設定

デフォルトのまま次のステップへ

ストレージの追加

デフォルトのまま次のステップへ

タグの追加

キー「Name」、値「WebServer」と入力して、次のステップへ

セキュリティグループ

タイプ「RDP」、プロトコル「TCP」、ポート範囲「3389」を開けておきます。
ソースには「自分のIP」を入力し、自分以外は接続できないようにしておきます。
その後、確認と作成を押下し、起動する。

インスタンスの起動

  1. 先ほど作成したインスタンスを右クリックし、「接続」を選択
  2. RDPクライアントタブにて、パスワードを取得してRDP接続する。
  3. 接続後に下記コマンドを入力し、新しいパスワードに変更する。
    (設定しなけてば毎回②の手順からパスワードを取得しなければならない)
net user Administrator "new_password"

日本語にする

  1. Windowsの設定を を開く

  2. Time & Languageを選択

  3. Languageを選択

  4. Add a language を選択

  5. 以下のように日本語を探し、Nextを押して次に進む。

  6. ここはそのままにして、Installを押下。

インストールが完了したら再起動する。
↓のように日本語になっていたら完了です。